2024年 4月 25日 (木)

「維新は右寄り」批判重ねる立憲民主 西村幹事長が示した危機感「もし野党第1党になったら...」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   立憲民主党が2022年夏の参院選に向けて、日本維新の会への批判を強めている。4月25日には党の最高顧問を務める菅直人元首相が参院選大阪選挙区の「特命担当」に就任し、連日のように維新批判を行っている。5月16日には大阪市役所を訪れ、松井一郎代表(大阪市長)宛ての質問状を提出。維新について「自民党よりも右翼的だ」「右翼的部分が国民に伝わっていない」(共同通信)などと述べた。

   野党第1党の役割のひとつが政権を目指すことだが、与党に対する批判よりも維新批判がクローズアップされかねない局面だ。西村智奈美幹事長は5月17日の定例会見で、維新を「自民党のアシスト」「自民党よりも、もうちょっと右寄り」だと表現し、菅氏の発言に理解を示した。仮に維新が野党第1党になれば「保守的な2つの政党が政権をかけて争うということになるだけ」だとして、野党第1党の座を死守したい考えだ。

  • 記者会見する立憲民主党の西村智奈美幹事長(写真は立憲民主党の配信動画から)
    記者会見する立憲民主党の西村智奈美幹事長(写真は立憲民主党の配信動画から)
  • 記者会見する立憲民主党の西村智奈美幹事長(写真は立憲民主党の配信動画から)

「自民党のアシスト」「自民党よりも、もうちょっと右寄り」

   菅氏の質問状は、核共有や原発再稼働に関する維新のスタンスを問う内容。市役所前で演説した後に松井氏を訪ねて渡そうとしたが、不在だったため、職員に手渡した。松井氏は菅氏の「右翼的」発言を報じる記事をツイッターで引用しながら、

「カンさん、僕は右とか左とかそんな事を意識した事はありません。政治家である限り、目の前の現実に問題意識を持っているだけです」

と反応した。

   こういった経緯を念頭に、西村氏の記者会見では、「本来戦うべき相手は与党ではないのか」などと党のスタンスを疑問視する質問が出た。

   西村氏は、野党第1党の役割として

「国会の中できちんと行政監視をして、与党がやっていることに『ダメなことはダメ』『いいことはいい』と、やっぱり言っていかなければいけない」

とする一方で、維新の政策について

「やっぱり自民党のアシスト、なおかつ、もうちょっと言えば、自民党よりも、もうちょっと右寄り、右の方の政策を訴えていることが多いと思う」

と表現。その上で

「そういう意味でも、言うことは言っていかなければいけないということで、菅(直人)さんは発言をされているんだというふうに思う」

と話し、菅氏の発言に理解を示した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中