2024年 6月 18日 (火)

「ライブアイドル史に残る名物オタク」アイドルフェスプロデューサー「ツマさん」が急逝 その功績を主宰者に聞いた

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   アイドルフェス「ギュウ農フェス」のプロデューサーの田中友二さんが2022年5月19日、心筋梗塞のため急逝した。47歳だった。田中さんは「ツマさん」の名前でアイドルファンにも親しまれ、ライブアイドル界の名物ファンでもあった。長く親交があった「ギュウ農フェス」主宰のギュウゾウさんに田中さんのエピソードを聞いた。

  • 左からギュウゾウさん、渡辺淳之介さん、ツマさんこと田中さん(提供:ギュウゾウさん)
    左からギュウゾウさん、渡辺淳之介さん、ツマさんこと田中さん(提供:ギュウゾウさん)
  • ライブアイドル界では並外れた行動力・熱意・奇抜なエピソードで多くの武勇伝を残した
    ライブアイドル界では並外れた行動力・熱意・奇抜なエピソードで多くの武勇伝を残した
  • 左からギュウゾウさん、渡辺淳之介さん、ツマさんこと田中さん(提供:ギュウゾウさん)
  • ライブアイドル界では並外れた行動力・熱意・奇抜なエピソードで多くの武勇伝を残した

新宿歌舞伎町でアイドルファンが追悼

   5月22日にツマさんこと田中さんの訃報が公表されると、SNSには田中さん(以下、ツマさん)を惜しむアイドルファンや関係者の声が相次いだ。ツマさんのツイッターアカウント名「Tumapai」にちなんで「Tumapaiforever」のハッシュタグで投稿が共有され、23日夜には新宿歌舞伎町のライブハウス・新宿BLAZE前にアイドルファンが集まって別れを惜しんだほど。様々なグループのファン、さらにはメンバーからもその名を知られたツマさんとはどんな人物だったのか。

   ツマさんがプロデューサーとして携わっていた「ギュウ農フェス」主宰のギュウゾウさんは、ツマさんと約10年来の付き合いになる。そもそもパフォーマー集団「電撃ネットワーク」の一員でもあったギュウゾウさんを本格的にアイドルカルチャーに引き込んだのがツマさんだったという。

「2010年から2014年までのBiS第1期、トップオタ(TO、群を抜いて活動的・熱狂的なファン)としてどんなイベントの現場でも出会う存在だったのがツマさんでした。彼と知り合ったのは2011年でもう11年前ですが、本当にBiSのあらゆる現場に顔を出していた『ほぼ全通』の人で、BiSのファンはもちろんプロデューサーの渡辺淳之介さんにも認知されていました。他にも大ブレイクする前のPerfumeやNegicco、でんぱ組.incなどにも着目していたりで、インディーズアイドル界のオタク第一人者のような人です。僕もBiSファンでしたが、とにかく変人なんだけど突拍子もないアイデアを思いつく人でした」

   BiSの研究員(ファンの通称)の集まりで、ツマさんが珍しく参戦していなかったライブの話になった時、ツマさんは「そんなイベントは認めない!」と反発したこともあったという。ライブへのこだわりは相当強かったようだ。BiSに限らず、数多のアイドルグループのライブに出没し、人間関係を構築していった。アイドルファン同士として親交があった作家のジェーン・スーさんも訃報の後に「すごく厄介ないい人」とツイートしている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中