2024年 5月 19日 (日)

二刀流・根尾は「打者に怖さない」「そんなに甘い世界ではない」 ソフトバンク元エースが持論

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球ソフトバンクの元エースで沢村賞を2度受賞した斉藤和巳氏(44)が2022年5月31日に公開されたユーチューブ「テレビ東京スポーツチャンネル」に出演し、二刀流に挑戦している中日・根尾昂選手(22)の投球に言及した。

  • 中日・根尾選手(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
    中日・根尾選手(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
  • 中日・根尾選手(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

「色々試行錯誤していかないといけない」

   根尾は5月8日に甲子園で行われたウエスタン・リーグの阪神戦で初めてプロのマウンドに上がった。6点リードの9回に登板し、最速150キロをマークするなど打者5人に対して3安打1奪三振1失点の内容だった。

   21日の広島戦では9点ビハインドの8回にマウンドに上がり投手として1軍デビューを飾った。先頭の坂倉将吾捕手(24)にヒットを許したものの打者4人に15球を投げ1安打無失点。29日のオリックス戦では8点ビハインドの8回に登場し、初めてフォークを披露するなど1イニングを無失点に抑えた。

   根尾の高校時代からピッチングを見ているという斉藤氏は、投球フォームがきれいなので周囲は可能性を感じているだろうとの見解を示し、プロの投手出身者としての私見を述べた。

「この2試合1イニングずつ投げたと思うんですけどヒットを1本ずつ打たれてますし、そういったことを考えるとピッチャーとしてのボールというのは、ピッチャーで行くならまだまだ練習であったり色々試行錯誤していかないといけないのかなと」

   また、二刀流に挑戦する根尾に対して現時点で投手としてのプレッシャーはないとし、「投球フォーム的にはオーソドックスな投球フォームでバッターからするとそんなに怖さはないと思うんですよね正直」と指摘した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中