「麻也、何やってんのか」闘莉王がブチギレ チュニジア戦3失点を酷評「小学生でもないミス」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2022年6月14日に行われたキリンカップサッカー2022の決勝・日本代表対チュニジア代表戦(パナソニックスタジアム吹田)で、失点に絡むミスを繰り返したDF吉田麻也に対し、元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は同日、自身の公式YouTubeチャンネルを更新し、「こういったミスは許しがたい」と酷評した。

   日本は、前半を0-0で折り返したものの、後半10分に吉田のスライディングによるファールで献上したPKから1点を失い、同30分には相手GKが放ったロングボールに対する守備陣の連係ミスを突かれて2失点目。試合終了間際にはカウンターからダメ押しとなる3失点目を喫し、チュニジア相手に0-3で完敗している。

  • 吉田麻也(写真:森田直樹/アフロスポーツ)
    吉田麻也(写真:森田直樹/アフロスポーツ)
  • 吉田麻也(写真:森田直樹/アフロスポーツ)

「ああいったミスは許せないね」

   「『小学生でもないレベルのミス』チュニジア戦で大量失点負けの森保J 3失点に絡んだ吉田麻也を闘莉王が一刀両断!」と題して公開した動画で、ブラジル在住の闘莉王氏は、「ブラジルはなぜかよくわからないけど、寒いんです。でも、ブラジルより寒いものがあったんです。今日の代表戦です。もう風邪ひきますよ」と呆れ気味に切り出した。

   怒りの矛先は、日本代表センターバックの後輩・吉田に向けられる。闘莉王氏は「麻也、大好き。友だちだ。だけど俺は白黒はっきり言う男なんで。残念だけど言わなきゃいけない」と前置きし、「麻也、何やってんのか」「ああいったミスは許せないね、同じセンターバックとして。何を考えていたのか。3失点とも麻也です」と声を荒げた。続けて「判断っていうものをディフェンダーは間違っちゃいけないんです。それを2回ワールドカップ(に出場し)、3回目に向かう。オリンピックに何回出てるのか。それぐらいのレベルの選手には残念だけど、こういったミスというのは許しがたいですね」とため息をついた。

   闘莉王氏は、1失点目のシーンを振り返り「何を考えてあのスライディングをしたのか。なぜあの判断を取ったのか。俺の頭では考えられない選択になるわけですよ」と首を傾げ、「あのスライディングをしてボールを取れると思ったのかな? 取れるわけがないでしょ!」と言い放った。

姉妹サイト