2022年 8月 8日 (月)

井上尚弥の4団体統一戦「邪魔するつもりはない」 2団体世界1位モロニー明言、米メディア報道

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロボクシングのWBC、WBO世界バンタム級1位ジェイソン・モロニー(オーストラリア、31)が、井上尚弥(大橋、29)が目指す世界バンタム級4団体統一戦に言及した。米専門メディア「Ringnews24」(WEB版)が2022年6月30日に伝えた。

  • 井上尚弥選手(写真:アフロ)
    井上尚弥選手(写真:アフロ)
  • 井上尚弥選手(写真:アフロ)

モロニー「バトラーのことをとても尊敬している」

   モロニーはWBCとWBOの2つの団体で世界ランク1位に付け、指名挑戦者としての権利を有する。現在WBC王座は井上が保持し、WBO王座にはポール・バトラー(英国、33)が君臨している。

   「Ringnews24」によると、モロニーは「WBCとWBOで1位にランクされたことを嬉しく思います」と率直に胸の内を明かし、井上が年内開催を希望している世界4団体王座統一戦について言及した。

   モロニーは「バトラーのことをとても尊敬している」と前置きし、「世界4団体王座統一戦を邪魔するつもりはない。仮に井上とバトラーの試合が実現しなかった場合は、次戦でバトラーと戦うつもりです」とのビジョンを明かした。

   複数の王座がかけられた王座統一戦では、それぞれの団体の指名試合がネックとなるケースがある。今回WBC、WBOの2団体で世界1位に付けるモロニーが指名試合の権利を主張しないことでよりスムーズに井上、バトラー陣営の交渉が進むとみられる。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中