山上容疑者が名指しした旧統一教会、「献金見直した」と強調 宗教問題に詳しい識者の見解は

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   安倍晋三元首相と関係があると銃撃犯の山上徹也容疑者(41)が思い込んだ特定の宗教団体について、「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)と一部週刊誌に報じられ、同連合が2022年7月11日に会見して釈明に追われた。

   山上容疑者は、母親が多額の献金をして破産したことを供述したと報じられているが、同連合は、破産した事情は把握していないものの、批判を受けた献金は見直したと強調した。統一教会の問題を追及してきた紀藤正樹弁護士に話を聞いた。

  • 安倍元首相が撃たれた直後の様子(yuma@yuma__1217さん投稿の動画から)
    安倍元首相が撃たれた直後の様子(yuma@yuma__1217さん投稿の動画から)
  • 安倍元首相が撃たれた直後の様子(yuma@yuma__1217さん投稿の動画から)

山上容疑者の母親は、20年前に破産したが、「事情は分からず調査中」

   山上容疑者が恨みに思ったという宗教団体について、大手新聞や民放キー局などは、会見前までは名前を伏せて報じてきた。

   その報道によると、山上容疑者は、具体的な団体名を挙げたうえで、「母親が信者で、多額の献金をして破産した。絶対成敗しないといけないと恨んでいた」などと供述したという。

   一方、7月9日ごろから一部週刊誌が団体名を「世界平和統一家庭連合」と報じ、ネット上では、この団体について関心が高まっていた。

   なお、奈良県警の広報担当者は11日、J-CASTニュースの取材に対し、宗教団体の名前は発表していないと答えており、週刊誌は、独自の取材で団体名を特定したとみられる。団体のコメントを載せた大手新聞もあったが、名前は伏せられていた。

   そして、11日になって、世界平和統一家庭連合が会見を開き、同連合の田中富広会長は、「一部メディアで実名報道され、宗教法人として公式見解を述べる必要があると感じた」と明かした。

   田中会長の説明によると、山上容疑者の母親は、1998年ごろに入会し、2009年まで熱心に活動した。その間の02年ごろに、母親が破産したが、高額献金は記録になく、古い話のため、当時の状況は把握できておらず調査中だという。

   母親は、09~17年は活動していなかったが、2、3年前に親しい会員に誘われ、ここ半年は、毎週ではないものの、月に一度イベントに参加するようになっているという。

姉妹サイト