2024年 5月 20日 (月)

「あの采配では選手が委縮する」 失策直後に中田を交代...巨人・原監督の判断に疑問噴出

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   場内アナウンスに甲子園がどよめいた。

   巨人・中田翔が「6番・一塁」でスタメン出場した2022年7月13日の阪神戦(甲子園)。2回に適時失策を犯した直後に中田へ交代を命じた原監督の采配が大きな反響を呼んでいる。

  • 原辰徳監督(写真:AP/アフロ)
    原辰徳監督(写真:AP/アフロ)
  • 原辰徳監督(写真:AP/アフロ)

「戦略上の交代ではないでしょうか」

   0-3の2回1死二、三塁。近本光司の一ゴロに対し、中田が逆シングルで捕球を試みたがはじいて失策に。4点差に広がると、原監督がベンチを出た。先発のメルセデスから戸根千明へ交代すると、同じタイミングで中田もベンチに退き、増田陸が一塁に入った。

「あのプレーは簡単ではないですよ。三塁走者の本塁生還を阻止しなければいけない状況で中田は逆シングルでさばかなければいけない。人工芝と違って土のグラウンドなのでイレギュラーバウンドにも備えなければいけない。

失策であることに異論はありませんが、中田の交代が失策の懲罰的な意味合いだったら厳しいなと感じますね。戦略上の交代ではないでしょうか。メルセデスが2回持たず降板したことは首脳陣も想定外だった。2番手投手を長いイニング投げさせることを考えると、9番に増田陸を入れる選択肢は考えられる」(他球団のスコアラー)

   一度火がついた阪神打線の勢いは止められない。0-13と投打に圧倒されて完敗。勝率5割に逆戻りした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中