2024年 2月 29日 (木)

「韓国の時代は終わった」元日本代表が見解 かつてアジア最強も...今は「全然大したことない」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   サッカーの元日本代表FWで解説者の城彰二氏(47)が2022年7月28日にユーチューブチャンネルを更新し、27日に豊田スタジアムで行われた東アジアE-1選手権を振り返り韓国代表に言及した。

  • 城彰二氏(写真:アフロスポーツ)
    城彰二氏(写真:アフロスポーツ)
  • 城彰二氏(写真:アフロスポーツ)

「全く韓国の良さが出ない」

   試合は前半を0-0で折り返し、後半4分にMF相馬勇紀(名古屋グランパス)がヘディングシュートを決めて先制。19分にDF佐々木翔(サンフレッチェ広島)、27分にはFW町野修斗(湘南ベルマーレ)がそれぞれゴールを入れて3-0で勝利した。

   日本は2勝1分けで4大会ぶり2度目の優勝を果たした。一方の韓国は日本戦引き分け以上で優勝が決まる状況で大敗を喫し大会4連覇を逃した。昨年3月に横浜で行われた日本戦に続いて0-3での黒星に韓国の地元メディアは「豊田恥辱」などと批判的な論調で伝えた。

   城氏はライバル対決で精彩を欠いた韓国を「酷かった」とし、「韓国はもう時代が終わったね」と厳しい評価を与えた。韓国代表は18年にポルトガル出身のパウロ・ベント監督(53)を招へいし、11月に開催されるワールドカップ(W杯)カタール大会の切符を手にした。

   城氏は近年の韓国サッカーが低迷する一つの要因としてベント監督が目指すサッカースタイルを挙げ、次のように持論を展開した。

「今の監督は2018年から就任しているんだけどパスサッカーなんだよね。4-1-4-1のシステムを組んでパスサッカーをやりたい。韓国サッカー協会もそういう方針で行こうと思ったのだろうけど全く韓国の良さが出ない。逆にマイナスになっている感じがする」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中