2023年 2月 2日 (木)

練馬区が登録の清掃ボランティア、旧統一教会の関連団体だった 異変察した区が調査→実態判明で支援取りやめ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   立憲民主党の山岸一生衆議院議員が2022年8月8日、旧統一教会の関連団体が昨年度に東京都練馬区から支援を受けていたと公表した。

   区はJ-CASTニュースの取材に事実関係を認め、4月までに制度設計を見直したと明かす。

  • 世界平和統一家庭連合 日本本部(写真:つのだよしお/アフロ)
    世界平和統一家庭連合 日本本部(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 世界平和統一家庭連合 日本本部(写真:つのだよしお/アフロ)

「旧統一教会の『典型的な手口』です」

   山岸氏は8日にブログとツイッターで、練馬区への聞き取りで判明したとして情報公開した。主な内容は次の通り。

   旧統一教会の関連団体が昨年度、区が指定する環境美化活動団体に登録され、清掃用具の支援を受けていた。「後ろ盾」を得たこの団体は、区立施設にチラシを置くなどしたため、問題視した区が今年度の登録を見送った。

   山岸氏は「これが、旧統一教会の『典型的な手口』です」と警鐘を鳴らす。

「『練馬区・地域の環境美化を行うグループ』という、"誰も反対しない、一見もっともな地域活動"を通じて、『練馬区役所』という公的機関につながりを得る。いったん『練馬区役所』という公的機関と接点ができたら、さも『練馬区役所』という公的機関・お役所の『お墨付き』があるかのように振る舞い、活動を宣伝」

   さらには、団体の活動に自民党の政治家が参加した記録 があるとし、「練馬区の担当者も対応に苦慮されたでしょう。今年度の登録を見送った裏には、練馬区の担当者の的確な判断がありました」としている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中