2023年 9月 24日 (日)

パンサー尾形「真剣にやってんだよ、こっちは!」罰ゲームへの思い吐露 視聴者「覚悟感じた」と感動

   お笑いトリオ「パンサー」の尾形貴弘さん(45)が2022年8月24日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で見せた罰ゲームに対するひたむきな態度に、視聴者から絶賛が上がった。

   この日の放送では、「事務所が痛みを伴う罰ゲームのために『特別な訓練』の講習を開催しても昨今の状況なら受け入れちゃう説」というテーマで、お笑い芸人に罰ゲーム講習会というドッキリを仕掛けた場合、きちんと受講するか否かを検証した。

  • 尾形貴弘さん(2019年撮影)
    尾形貴弘さん(2019年撮影)
  • 尾形貴弘さん(2019年撮影)

「落下するタライ」に加え、「アツアツのおでん」「わさび」「電流」

   ドッキリのターゲットとなったのは、尾形さん、「ジャングルポケット」のおたけさん(39)、「ガンバレルーヤ」のよしこさん(31)の3人。事前に隠し撮りされたVTRではそれぞれのマネージャーから、昨今、罰ゲームの収録の際にはコンプライアンスが徹底されるようになってきたため、罰ゲームを受けるための訓練を行う講習会の受講が必要になってきているとの?の情報を伝えられ、これを信じた3人は講習会を受けることを決意する。

   そして、シーンが変わると3人は講習会の会場に到着。ドッキリであることを知る仕掛け人の複数のお笑い芸人に混じって、罰ゲームの事故例を扱ったビデオの視聴に加え、落下するタライの受け方の実技のほか、「アツアツのおでん」「わさび」「電流」への耐性検査を受けた。

   結果、おたけさんとよしこさんがタライの痛さに顔をゆがめる中、尾形さんは「全然大丈夫っすわ!」と平然とクリア。また、耐性検査ではおたけさんとよしこさんは、おでんの熱さを70度まで耐えられた一方で、尾形さんは90度まで耐えられるなど、2人よりも高い耐性を示すなど、罰ゲームへの適性を視聴者に見せつけた。

   そして、番組後半では他の2人が講習会直後にネタばらしされる様子を放送したあと、罰ゲームに対する一番の適性を示した尾形さんに対してのみ、講習会から3日後にネタばらしする様子を放送。罰ゲームを含む番組の収録の打ち合わせをするとして呼び出された尾形さんに対し、水ダウのスタッフが直撃する形でネタばらしとなった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中