2024年 2月 24日 (土)

HIKAKIN買った5000万円ポケカは「仕入れ値180万円」 販売店創業者の暴露に疑問続出...一時反論も謝罪

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ユーチューバーのHIKAKINさんは2022年8月26日にYouTubeチャンネルを更新し、1枚5000万円するカードなど、計6546万円分の「ポケモンカード」をカードショップで購入したことを明かした。

   しかし、このカードショップの創業者は、HIKAKINさんが買った5000万円のカードの仕入れ値が180万円だったことを暴露。仕入れ値の公表には「モラルがない」などと疑問の声が広がったが、当の本人は「何も悪い事してない」と反論した。

  • HIKAKINさん購入のポケモンカードの仕入れ値を明かしたトモハッピーこと齋藤友晴氏(齋藤氏の動画より)
    HIKAKINさん購入のポケモンカードの仕入れ値を明かしたトモハッピーこと齋藤友晴氏(齋藤氏の動画より)
  • HIKAKINさんが購入した「かいりきリザードン」(HIKAKINさんのツイッターより)
    HIKAKINさんが購入した「かいりきリザードン」(HIKAKINさんのツイッターより)
  • HIKAKINさん購入のポケモンカードの仕入れ値を明かしたトモハッピーこと齋藤友晴氏(齋藤氏の動画より)
  • HIKAKINさんが購入した「かいりきリザードン」(HIKAKINさんのツイッターより)

買取査定中に発見

   HIKAKINさんは「1枚5000万円のポケモンカードガチで購入【合計????万円】【ポケカ】【カード日本記録!?】」と題した動画を公開。自身が幼少期に集めていたというポケモンカードの中古価格が世界中で高騰していることを受け、東京・秋葉原のカードショップ「晴れる屋2」を訪れた。

   82万円の「コイキング」や500万円の「純金ピカチュウ」など高額商品を勧められたHIKAKINさんだったが、同店で最も高い5000万円の「かいりきリザードン」を提示されると思わず仰天。それでも悩んだ挙句、「かいりきリザードン」を含む6546万円分の商品を購入することを決意し、自宅から持ち込んだ現金7000万円で会計を済ませた。

   YouTubeのコメント欄には「流石としか言えない」「ここまでの高価なものを買えるなんて」「ポケカプレイヤーとしても見てて嬉しいです」などと、HIKAKINさんの「男気」をたたえる声が相次いでいた。

   この動画を受け27日、HIKAKINさんが訪れた「晴れる屋2」を運営する晴れる屋(東京都新宿区)の創業者、「トモハッピー」こと齋藤友晴氏が動画を公開した。齋藤氏は同社の代表取締役を務めていたが、自身が「賭けポーカー」に関与し書類送検されたことを受け、6月に経営から退いていた。

   「【ポケカ】5000万円!! ヒカキンさん動画のかいりきリザードンについて」と題した動画で齋藤氏は、HIKAKINさんが買った「かいりきリザードン」は、21年に自身が買取査定中に見つけたものだったと説明。当時の仕入れ価格は180万円で、鑑定会社での評価次第では1000万円以上で販売することを検討していた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中