2024年 2月 23日 (金)

家族巻き込み窮地脱出も...ちむどんどん暢子にツッコミ 「自分の都合で徹夜させといて起こすの草」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2022年9月28日放送のNHK朝の連続テレビ小説「ちむどんどん」で、暢子(黒島結菜さん)が疲れて寝ている人に対してとった行動が話題になっている。

  • 黒島結菜さん(写真:2019 TIFF/アフロ)
    黒島結菜さん(写真:2019 TIFF/アフロ)
  • NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」のインスタグラム(nhk_chimudondon)より
    NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」のインスタグラム(nhk_chimudondon)より
  • 黒島結菜さん(写真:2019 TIFF/アフロ)
  • NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」のインスタグラム(nhk_chimudondon)より

看板商品の「麺」が納品されないトラブルが発生

   同作は1964年、まだアメリカ統治下だった沖縄の「やんばる地域」を舞台にはじまり、主人公・暢子がふるさとから料理人を目指すストーリー。現在は、東京にオープンさせた沖縄料理店「ちむどんどん」を引き継いでもらい、一家でやんばるに移住し始めた。

   ※以下、ネタバレを含みます。

   食堂「やんばるちむどんどん」は、「カラキ」という野菜を練り込んだ麺を使ったそば定食を目玉商品としていた。しかしオープン前日、製麺所から機械の故障で麺の納品ができないとの連絡が入る。明日のオープンまでに100食を用意しなくてはならない。暢子は、自ら麺を用意することを決意し、家族や親戚、村の人々もそれに協力することになった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中