2024年 4月 17日 (水)

韓国に渡った32歳元広島助っ人、最多得点&打撃6部門2位 打率は首位と7厘差...地元メディア称賛

   韓国プロ野球が2022年10月11日に今季レギュラーシーズンの全日程を終了し、個人の各タイトルがそれぞれ確定した。

   韓国メディアの注目を集めたのが元広島カープの選手でサムスン・ライオンズに所属するホセ・ピレラ(32)だ。

  • ピレラ選手(写真:AP/アフロ)
    ピレラ選手(写真:AP/アフロ)
  • ピレラ選手(写真:AP/アフロ)

安打数はわずか1安打差

   韓国リーグ2年目のピレラは序盤から好調をキープし、8月30日時点で152安打、打率.347、23本塁打、87打点、83得点、出塁率.421、長打率.598を記録。安打、打率、得点、出塁率、長打率の5部門でトップに立っていた。

   本塁打では2位、打点では3位につけ盗塁12個(17位タイ)を記録。打撃面すべてをハイレベルにこなす万能型選手として注目を浴び、地元スポーツメディア「スポーツソウル」はピレラがMVPに選出される可能性があると伝えた。

   シーズン終盤まで激しいタイトル争いが繰り広げられ、ピレラは102得点を記録し最多得点のタイトルを獲得。打率.342、192安打、109打点、出塁率.411、長打率.565、28本塁打はそれぞれリーグ2位の記録で、あと一歩のところでタイトルに手が届かなかった。打率は首位と7厘差、安打数はわずか1安打差だった。

   ピレラとタイトル争いを演じたのはキウム・ヒーローズに所属する李政厚(イ・ジョンフ、24)だ。李はかつて中日ドラゴンズに所属した李鍾範(イ・ジョンノム、52)氏を父に持ち、韓国プロ野球界の期待の星。昨季は打率.360で首位打者のタイトルを獲得した。

姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック