2023年 12月 9日 (土)

NPBでは通用しなかったロハス&アルカンタラ 韓国→日本の移籍市場に影響も?地元メディア懸念

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球阪神のメル・ロハスJr外野手(32)とラウル・アルカンタラ投手(29)の去就を韓国メディアが注目している。

   ロハスJr、アルカンタラともに韓国プロ野球のKBOリーグを経て阪神に入団した選手で21年に来日して2年間日本でプレーした。両者はすでに帰国しており、スポーツ紙などの報道によると今季限りでの退団が濃厚だという。

  • ロハスJr(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    ロハスJr(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • ロハスJr(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

アルカンタラはKBOリーグ復帰も

   ロハスJrはKBOリーグのKTウィズで17年から4年間プレーし、20年には打率.349、47本塁打、135打点、OPS(出塁率+長打率)1.097をマークし、本塁打と打点の2冠王に輝きシーズンMVPに選出された。阪神には2年契約で入団するも期待された長打は影を潜め、2年通算17本塁打に終わった。

   一方のアルカンタラは大リーグ・アスレチックスからKBOリーグ入り。KTウィズ、斗山ベアーズと渡り歩き、斗山ベアーズ時代の20年には20勝をマークして最多勝利のタイトルを獲得。阪神では先発として期待されたが来日1年目の後半戦に中継ぎに配置転換となり3勝3敗6ホールド。今季は39試合に登板して1勝3敗1セーブ17ホールドだった。

   KBOリーグで活躍したロハスJrとアルカンタラの去就は韓国で注目を集めており、地元通信社「聯合ニュース」(WEB)は、「ロハス、アルカンタラ、並んで阪神退団...KT・斗山に移籍するか」とのタイトルで特集記事を組んだ。

   記事ではアルカンタラの古巣・斗山ベアーズはアルカンタラに決して小さくはない関心を持っていると指摘。来季からチームを指揮する李承燁(イ・スンヨプ、46)監督の意向と、新たに構成されるコーチ陣の判断がアルカンタラの復帰に影響を及ぼすものと見られるとの見解を示した。

   ロハスJrのKBOリーグ復帰に関しては古巣KTウィズが積極的な姿勢を見せていないと伝えた。同メディアの取材に対してKTウィズ関係者は「現在、私たちのチームでは外国人打者アンソニー・アルフォードが活躍をしている」とし、「現在のチームメンバー全員がポストシーズンに集中しているだけに、ロハスに関心を置く状況ではない」と語った。

   スポーツ朝鮮(WEB版)は、「聯合ニュース」とは異なった角度からロハスJrとアルカンタラの特集記事を公開した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中