2024年 2月 25日 (日)

安倍氏との「密会」なぜ告白? 野田元首相が追悼演説に込めた思い「ストレートには書けなかったけど...」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   野田佳彦元首相が2022年10月25日の衆院本会議で行った安倍晋三元首相の追悼演説では、安倍氏が首相に返り咲いてから一度だけ首相公邸で「密会」したことが明かされた。1時間にわたって話し合われたテーマは、当時の天皇陛下(今の上皇さま)の退位に向けた環境整備についてだった。この出来事は「政府だけで決めきるのではなく、国会で各党が関与した形で協議を進める」ことの重要性を示すことになった。

   野田氏は同日夜に出演した「プライムニュース」(BSフジ)で、自らも参列した国葬が行われるまでの拙速さを指摘。「ちょっとこれはストレートに書けなかったんですけど、そういう思いを込めて(天皇の退位等に関する)皇室典範特例法の経緯を書かせていただきました」と明かし、与野党が合意形成に向けて努力することを求めた。

  • 衆院本会議で追悼演説に臨む野田佳彦元首相(写真:つのだよしお/アフロ)
    衆院本会議で追悼演説に臨む野田佳彦元首相(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 歴代首相とともに国葬会場に姿を見せた野田佳彦元首相(写真右上)
    歴代首相とともに国葬会場に姿を見せた野田佳彦元首相(写真右上)
  • 衆院本会議で追悼演説に臨む野田佳彦元首相(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 歴代首相とともに国葬会場に姿を見せた野田佳彦元首相(写真右上)

「闊達な議論をして、一致点を見つけ出していく作業をしたかった」

   演説によると、2人がひそかに会ったのは17年1月20日。当時の様子を次のように述べた。

「そして『政争の具にしてはならない。国論を二分することのないよう、立法府の総意をつくるべきだ』という点で意見が一致したのです。国論が大きく分かれる重要課題は、政府だけで決めきるのではなく、国会で各党が関与した形で協議を進める。それは、皇室典範特例法へと大きく流れが変わる潮目でした」
「立場の違いを乗り越え、どこかに一致点を見いだせるのではないか。以来、私は、そうした期待をずっと胸に秘めてきました」

   野田氏は番組でも、改めて「もうちょっとお互いにいろんなテーマについて、闊達な議論をして、一致点を見つけ出していく作業をしたかったなと思いましたね」と思いを吐露し、今の政治に足りない点として

「ちょっと政党間の対立が激しく、それが国民の分断に繋がってしまっている。時には一致点を見出す合意形成をどうするかという努力をもっとしなきゃいけないのではないか」 などと話した。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中