2024年 2月 23日 (金)

韓国代表サポ、ネットで「暴徒化」 主審判定めぐりインスタに抗議殺到...人気俳優も投稿→謝罪

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会グループH第2戦の韓国対ガーナ戦で主審を務めたアンソニー・テイラー氏(44)のジャッジをめぐり、韓国人ファンがSNSを通じて抗議したと地元メディアが2022年11月29日に報じた。

  • ベント監督の抗議を受けるテイラー主審(写真:ロイター/アフロ)
    ベント監督の抗議を受けるテイラー主審(写真:ロイター/アフロ)
  • 韓国サポから寄せられた抗議コメント
    韓国サポから寄せられた抗議コメント
  • ベント監督の抗議を受けるテイラー主審(写真:ロイター/アフロ)
  • 韓国サポから寄せられた抗議コメント

アディショナルタイム怒涛の攻撃も得点ならず

   W杯カタール大会グループH第2戦は28日にエデュケーションシティスタジアムで行われ、韓国がガーナに2-3で敗れた。

   韓国は前半24分に先制を許すと続く34分に追加点を奪われ前半を0-2で折り返した。後半13分にFW趙圭誠(チョ・ギュソン、24)がヘディングシュートで1点を返し、16分にも趙がヘッドで押し込み同点に追いついた。

   流れが韓国に傾きかけた後半23分にガーナMFモハメド・クドゥス(22)がこの日2点目となる逆転ゴールを決めた。試合はガーナが1点リードでアディショナルタイムに突入。韓国は怒涛の攻撃で得点を奪いにいくもゴールは遠く、勝ち点を奪うことができなかった。

   アディショナルタイムでの猛攻むなしく敗戦した韓国。地元メディア「朝鮮日報」(WEB版)は、アディショナルタイム終了のタイミングに不満を抱いた一部の韓国人ファンがテイラー主審のインスタグラムとみられるSNSアカウントに抗議のコメントを投稿したと伝えた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中