2023年 2月 3日 (金)

「泣いてる映像見たあとのこれ...元気出た!」 三笘薫の号泣直後、川崎時代の爆笑寸劇にSNS再注目

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   サッカー日本代表は、ワールドカップ(W杯)カタール大会決勝トーナメント1回戦でクロアチアに敗れたものの、MF三笘薫選手(25)がクールな表情から生み出す切れ味鋭いプレーで世界的な注目を集めた。

   そんな中で、川崎フロンターレ時代に出演したコミカルな寸劇が、W杯敗退直後の2022年12月6日、ツイッターで再び脚光を浴び、「ギャップがあって面白い」と話題になっている。

  • 三笘薫選手(写真:ANP Photo/アフロ)
    三笘薫選手(写真:ANP Photo/アフロ)
  • 三笘薫選手(写真:ANP Photo/アフロ)

「ねぇ、中村君」

   黒っぽいスーツで身を固めた三笘選手が、ヘッドセットを着けながら、パソコンのキーボードを必死に叩いている。左隣でお菓子を食べながら漫画雑誌を見ているのは、大先輩の中村憲剛さん(42)だ。

「はい、分かりました。ありがとうございます。あっ、2億円プランですね!」

   三笘選手は、こう言って笑顔を見せ、「はい、はい、失礼しま~す」と通話を切った様子になる。

   すると、ヘッドセットを取って、「フー」と息を吐く。そして、「うわぁー」と声を上げると、立ち上がって、「営業成績表」と題した紙が貼られたホワイトボードへ向かう。

   棒グラフの成績表では、三笘選手は8人中で断トツ1位になっていた。

「今月も、あっという間にノルマ達成やったな。まあ、こんな結果じゃ、満足できねえから。まだまだ頑張らねえとなぁ」
「でも、他の選手と全然差がついてるなぁ。ねぇ、中村君」

   こう言って、三笘選手が右手を中村さんの肩に置くと、中村さんは、お菓子を食べながら思わずうなずく。

「引退したからって、テレビばっかり出てる場合じゃないんです」

   こう苦言を呈すると、中村さんは、思わず大笑いして...。

   三笘選手が出演した2分ほどの寸劇では、こんなコミカルタッチで進む。

   三笘選手は、「ゴー、ゴー、ゴー、ゴー」と両手を差し出したり、スーツを開いて見せびらかしたりして、試合中のクールな表情とは異なる一面を見せている。

   出演したフロンターレのマスコット「ふろん太」にも、「最近SNSばかりしかやってないじゃないか!」とキレキレのツッコミを入れていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中