2024年 2月 27日 (火)

井上尚弥戦のバトラーに「気分が悪くなった」 消極戦法に母国王者も苦言「ただ生き延びた」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロボクシングの世界バンタム級4団体王座統一戦が2022年12月13日に東京・有明アリーナで行われ、世界バンタム級3団体(WBA・WBC・IBF)統一王者・井上尚弥(大橋、29)がWBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(英国、34)を11回KOで下し、日本人選手初、アジア初の世界4団体統一王者となった。

  • バトラーにパンチを打ち込む井上(写真:AP/アフロ)
    バトラーにパンチを打ち込む井上(写真:AP/アフロ)
  • ノーガードで挑発する井上(写真:AP/アフロ)
    ノーガードで挑発する井上(写真:AP/アフロ)
  • バトラーにパンチを打ち込む井上(写真:AP/アフロ)
  • ノーガードで挑発する井上(写真:AP/アフロ)

採点は3ジャッジ全てが井上支持

   試合は初回からプレッシャーをかけた井上が主導権を握り、ディフェンシブなバトラーを追う展開が続いた。井上はガードを固めるバトラーに対してパンチを上下に打ち分けフェイントを駆使して崩しにかかるもダウンを奪えず。終盤に入っても攻撃の手を緩めず、11回にボディーで動きを止めると怒涛の連打で仕留めた。

   下馬評通りの強さを見せた井上。一方のバトラーは最後まで勝利の糸口を見出すことができずに完敗した。試合を採点した3人のジャッジ全てが、1回から10回まで10-9で井上を支持。判定にもつれ込んでもバトラーの勝利の可能性はほとんどなかった。

   井上の強打の前に消極的なボクシングに終始したバトラーに対し、同国の現役王者であるIBF世界フライ級王者サニー・エドワーズ(英国、26)がSNSで苦言を呈した。

   エドワーズは試合中にツイッターにコメントを連投し試合を「実況」。序盤は「バトラーは井上の攻撃の大部分をうまく読みとっている。得点は取っていないが相手を苛立たせていることは確かだ」などとバトラーの健闘を讃えていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中