2024年 3月 1日 (金)

国民・玉木代表、今年の漢字は「安」その理由は? 批判された岸田首相の「進」にも言及

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   岸田文雄首相が、自身が選ぶ「今年の漢字」に「進」を挙げたことに厳しい声が寄せられる中、国民民主党の玉木雄一郎代表は「安」を挙げた。安倍晋三元首相の銃撃事件や厳しい安全保障環境、コロナ禍をめぐる「安心・安全」などを念頭に置いている。

   岸田氏が選んだ「進」は「『進みたい』という希望」だとみており、「前に進む政治を行っていただきたい」と話した。

  • 記者会見する国民民主党の玉木雄一郎代表
    記者会見する国民民主党の玉木雄一郎代表
  • 記者会見する国民民主党の玉木雄一郎代表

「『進みたい』という希望なのかな、と思うので...」

   「今年の漢字」には「戦」が選ばれ、その次に得票が多かったのが「安」だった。玉木氏は、自身の「今年の漢字」をユーチューブチャンネルで公募し、「安」を選んでいた。12月20日の定例会見で、その理由を次のように説明した。

「何と言っても、安倍元総理の銃撃事件があった。そして、安全保障についての関心が、これほど高まったときはなかったと思う。コロナも引き続き影響が残っていて、安心・安全ということについても、国民の意識は非常に高いと思う」

   岸田氏が「進」を選んだことについては、岸田氏のアカウントに対するものとしては過去最多(J-CASTニュース調べ)の1万5000件以上の返信が寄せられ、その大半が批判的な内容だった。玉木氏は、

「『進みたい』という希望なのかな、と思うので、ぜひ決断して、実行して、前に進む政治を行っていただきたいと期待している」

などと比較的前向きに受け止めた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中