2024年 2月 25日 (日)

韓国メディア、FIFAランク25位で「トップ10十分可能」 退任のベント監督称賛「上昇曲線描いた」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   国際サッカー連盟(FIFA)は2022年12月21日、最新のFIFAランキングを発表した。ワールドカップ(W杯)カタール大会でベスト16入りをした日本は4つ順位を上げてアジア勢トップの20位となった。

  • ベント監督とソン選手(写真:ロイター/アフロ)
    ベント監督とソン選手(写真:ロイター/アフロ)
  • ベント監督とソン選手(写真:ロイター/アフロ)

ベント式「ビルドアップサッカー」に疑問符も

   アジア勢はイランが24位、韓国が25位と続いた。イランはW杯グループBで3位に終わり決勝トーナメント進出を逃し、韓国は日本と同様にベスト16入りした。ブラジルが1位の座を堅守し、W杯優勝のアルゼンチンが順位をひとつ上げて2位となった。決勝戦でアルゼンチンに敗れたフランスが3位に入った。

   最新ランキングの発表を受け、韓国メディア「STNTV」(WEB版)が23日に特集記事を公開した。

   韓国は前回の28位から順位を3つ上げての25位。同メディアは代表を4年間率いたパウロ・ベント監督(53)の功績をたたえ、ベント監督と歩んできた代表の4年間を振り返りながら独自の視点でランキングが上昇した要素を分析した。

   同メディアによると、ベント監督が18年に就任してから代表は4年間で合計57試合を行い、35勝9敗13分けで高い勝率を記録した。35勝は歴代の代表監督の中で最多となるが、就任当初はベント式「ビルドアップサッカー」に疑問符が付けられ、19年AFCアジアカップで準決勝進出を逃したことで批判の声が出始めたという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中