2024年 4月 20日 (土)

「結成16年以上」フジの新漫才賞レースで観たいお笑いコンビは? 1位に輝いた「実力派」の名前

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   フジテレビは漫才賞レース「THE SECOND~漫才トーナメント~(仮)」を2023年2月から実施すると22年12月22日に発表した。

   結成16年を超えるベテラン漫才師たちに「セカンドチャンス」を与えるという目的で始まる大会は、結成15年以下のコンビが出場可能な「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)を意識したものとみられる。

   そこでJ-CASTニュースは読者アンケートを実施。過去にM-1決勝に進出するも、優勝できず「ラストイヤー」を終えたコンビの中から「THE SECOND」に出場してほしい漫才師を尋ねた。最も票が集まった人気コンビの名前は――。

  • フジの新漫才賞レースで観たいお笑いコンビは?(画像はイメージ)
    フジの新漫才賞レースで観たいお笑いコンビは?(画像はイメージ)
  • フジの新漫才賞レースで観たいお笑いコンビ(1位~10位)
    フジの新漫才賞レースで観たいお笑いコンビ(1位~10位)
  • フジの新漫才賞レースで観たいお笑いコンビ(10位以下)
    フジの新漫才賞レースで観たいお笑いコンビ(10位以下)
  • フジの新漫才賞レースで観たいお笑いコンビは?(画像はイメージ)
  • フジの新漫才賞レースで観たいお笑いコンビ(1位~10位)
  • フジの新漫才賞レースで観たいお笑いコンビ(10位以下)

5月に「決勝」放送予定

   「THE SECOND」は23年1月末までエントリーを受け付け、2月から予選を開始。2回の本選トーナメントラウンドを経て、5月に決勝トーナメントの様子をフジテレビ系で生放送する。

   応募資格には「結成16年以上」「全国ネットの漫才賞レース番組で優勝していないこと」などを含む。MCの東野幸治さんは番組公式サイトで「過去に『M-1』で思うような結果を残せなかった人とか、『こんなはずじゃなかった』と思って今もくすぶってるような人がいたら、この大会を"利用"してもらいたい」と「M-1」に触れたコメントを残している。

   J-CASTニュースは22年12月26日~23年1月5日16時まで、「M-1決勝進出経験者」「M-1優勝経験なし」「現在も活動している」の3条件を満たすコンビの中から、大会に出場してほしいコンビをサイト内で読者に聞いた。総票数1651票の中から、ここでは上位5組を紹介する。

   5位はモンスターエンジン(吉本興業、98票)。西森洋一さん(43)のまくし立てるような関西弁のボケに、大林健二さん(39)が強い口調でツッコミを入れるスタイルが特徴だ。M-1には結成2年目の08年と09年に連続出場し、いずれも7位。10年以降は毎年出場を重ねるも決勝には届かず、昨年は準々決勝敗退でラストイヤーを終えた。

   4位はかまいたち(吉本興業、103票)。狂気じみたキャラクターを演じるボケの山内健司さん(41)さんに、濱家隆一さん(39)が鋭く突っ込むネタが人気だ。M-1は17年~19年の3年連続で決勝進出。ラストイヤーの19年は2位となり、優勝したミルクボーイらとハイレベルな戦いを演出した。17年にはキングオブコントで優勝。既に多くのバラエティ番組に出演する人気コンビだが、漫才師としてのネタ披露にも期待がかかっているようだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中