2024年 3月 4日 (月)

元オリックスの53歳・韓国出身投手、豪州で現役復帰 「130キロは出る」「後輩助けたい」地元報道

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロ野球オリックス・ブルーウェーブの元投手で韓国プロ野球リーグ、米大リーグなどでプレーしたク・デソン投手(53)がオーストラリアのプロ野球リーグで現役復帰する。複数の地元メディアが2023年1月16日に報じた。

  • メッツ時代のク投手(写真:アフロ)
    メッツ時代のク投手(写真:アフロ)
  • メッツ時代のク投手(写真:アフロ)

19年は監督兼投手としてマウンドに

   ク投手は93年に韓国リーグでデビューし、96年に最多勝、最優秀防御率のタイトルを獲得。01年にオリックスに移籍し4年間プレーした。05年に大リーグのニューヨーク・メッツに移籍し、翌06年に韓国リーグのハンファ・イーグルスに復帰した。

   10年オフにハンファ・イーグルスを退団すると活躍の場をオーストラリアに求め、オーストラリアン・ベースボールリーグ(ABL)に参戦。10-11シーズンから15-16シーズンまで選手としてプレーし、18-19シーズンは韓国出身選手で構成されるジーロング・コリアの監督を務めた。

   18-19シーズンは選手としても試合に出場し、19年1月のブリスベン戦でマウンドに上がり1回1安打無失点を記録した。

   韓国通信社「聯合ニュース」(WEB版)は、「ク・デソン、再びマウンドに...ジーロング・コリア投手陣合流」などのタイトルでク投手の現役復帰を伝えた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中