2023年 4月 2日 (日)

「比嘉愛未、確実に落ちたよね?」 日テレ「大病院占拠」落下演出にツッコミ殺到...櫻井翔不死身説も

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「嵐」の櫻井翔さん(40)が主演するドラマ「大病院占拠」(日本テレビ系)に、視聴者からツッコミが相次いでいる。

   ドラマに櫻井さんは休職中の刑事・武蔵三郎役で出演。心療内科で診察を受けるために総合病院「界星堂病院」を訪れるが、その際、鬼の仮面を着けた武装グループ「百鬼夜行」が起こした病院占拠事件に巻き込まれてしまい、人質を救出すべく奔走するのだが......。

  • 比嘉愛未さん(写真:Keizo Mori/アフロ)
    比嘉愛未さん(写真:Keizo Mori/アフロ)
  • 比嘉愛未さん(写真:Keizo Mori/アフロ)

「ストレッチャーが無かったことになってるのが酷かった」

   視聴者から上がったツッコミを見ていくと、まず目立つのが、主人公の妻・武蔵裕子役で出演する比嘉愛未さん(36)の落下シーンについての反応だ。

   第2回の放送序盤、病院の3階で人質として囚われていた裕子の両手と腰はロープで縛られており、そのロープはストレッチャーに結び付けられていた。黄色の鬼の仮面を被った人物がストレッチャーを割れた窓の外に蹴飛ばすと、ストレッチャーは重りとなって落下を始めた。

   それに引きずられる形で裕子は窓の外へ。ギリギリでつかんでいた窓枠から手が離れて完全に落ちた......はずだったが、窓に駆け寄った三郎は裕子の手をつかみ、落下を阻止。このシーンについて、三郎が駆け寄ったタイミングが遅いように見えたとして、「比嘉愛未さん、確実に落ちたよね??」といった声が上がった。

   また、窓から引き揚げられた裕子のロープの先にはストレッチャーがあったはずだが、どういうわけかその姿はなく、「引っ張り上げたら腰のロープからぶらさがってるストレッチャーが無かったことになってるのが酷かった」といった声も出ていた。

「ツッコミどころ満載やけどくそおもろい」

   その後のシーンにもツッコミが集まった。裕子を助けたものの、今度は三郎が武装グループのリーダー格の青鬼に蹴飛ばされて窓の外へ。今度は助ける者もなく、三郎は3階から放り出された。地面に直撃するシーンこそなかったものの、次に三郎が映ったシーンは救急車の中。

   意識を取り戻した三郎は「何があった?」と叫びながら起き上がる。これに対し、救急隊員が落下現場は生け垣だったと説明すると、三郎は救急隊員を振りほどいて救急車の外へ。このため、視聴者からは、

「一番怖かったのは3階から落ちたのに『何があったぁぁ!』って飛び起きた武蔵刑事です、不死身なのね」

といったツッコミが相次いだ。

   このほか、「ドローンの爆発、壁は穴空いたのに、地下の配管は壊れないのか...」といった、作中に登場する自爆型ドローンについての疑問も出るなど、ツイッターには視聴者からのツッコミが続々。ただ、放送を楽しんだ視聴者は多かったようで、

「大病院占拠ツッコミどころ満載やけどくそおもろい」
「ツッコミどころいっぱいあるけど、先が気になるからみよーっと」
「逆にここまで行くとオモロい。来週も見るの確定!」
「録画してた大病院占拠みてる。Twitterが荒れてた通りツッコミどころ満載すぎで楽しい」

といった声が多数上がっている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中