2024年 2月 29日 (木)

中島&松田&長野で「合計117歳」 巨人ベテラントリオは「猛練習キャンプ」で復活できるか

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   巨人が今回の春季キャンプから「アーリーワーク」を導入。大久保博元打撃チーフコーチの発案で、外国人選手を除く野手陣が朝7時からの打撃練習に参加していることが報じられた。

  • 巨人に新加入した松田宣浩(写真:Penta Press/アフロ)
    巨人に新加入した松田宣浩(写真:Penta Press/アフロ)
  • 巨人に新加入した松田宣浩(写真:Penta Press/アフロ)

「練習で自分を追い込めば選手寿命が延びる」

   早朝からティー打撃、ケース打撃が室内練習場で一斉に行われる。若手だけでなく、中田翔、坂本勇人らレギュラー陣、さらに中島宏之、松田宣浩、長野久義らベテランの姿もあったという。

   スポーツ紙記者は話す。

「アーリーワークの効果が期待されるのは若手だけではない。ベテラン勢は量を振ることで体のキレ、スイングのキレを取り戻していく。年を重ねると練習しなければ、スイングスピードがガクッと落ちますから。松田は体力があるし、中島、長野も身体能力が高い選手なので、練習で自分を追い込めば選手寿命が延びる。シーズンに入ってどのような成果が出るか楽しみですね」

   チーム最年長40歳の中島は、あと77本に迫った通算2000安打達成の大きな目標がある。昨年は62試合出場で打率.242、1本塁打、20打点。本職の一塁は中田翔が好調だったため、中島は20試合のスタメン出場にとどまったが、代打の切り札を務めて勝負強い打撃は健在だ。得点圏打率.308ときっちり結果を残した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中