2024年 4月 21日 (日)

秋元康氏も「どう読むのだろう?」 写真集も発売、HKT48地頭江音々「彼女の名前」の読み方は

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   HKT48の地頭江音々(ぢとうえ・ねね)さん(22)にとって初の写真集「彼女の名前」(玄光社)の出版記念イベントが2023年2月5日に東京・渋谷の書店で開かれ、地頭江さんが報道陣の取材に応じた。地頭江さんは16年に4期生としてグループに入り、今では主力メンバーのひとり。他に写真集を出したことがある現役メンバーは、運上弘菜さん(24)、田中美久さん(21)のみだ。現役メンバーとしては唯一の宮崎県出身者で、全編を県内で撮影した。

   世代交代が進むグループのあり方にも言及し、「HKT48の『第2章』というものが確立されたものになるように、頑張っていけたら」と、新たなフェーズに向けて意気込んだ。

  • 初の写真集「彼女の名前」(玄光社)を出版したHKT48の地頭江音々さん。タイトルは総合プロデューサーの秋元康氏がつけた
    初の写真集「彼女の名前」(玄光社)を出版したHKT48の地頭江音々さん。タイトルは総合プロデューサーの秋元康氏がつけた
  • 表紙写真は宮崎・青島で撮影された
    表紙写真は宮崎・青島で撮影された
  • 初の写真集「彼女の名前」(玄光社)を出版したHKT48の地頭江音々さん。タイトルは総合プロデューサーの秋元康氏がつけた
  • 表紙写真は宮崎・青島で撮影された

「ただ通っていた道だった場所が、こんなに素敵なフォトスポットに」

   撮影はサンメッセ日南(日南市)や青島神社(宮崎市)など、県内各地の有名スポットで行われ、「自分の素顔だったり、友達や家族にしか見せないような顔」を多く収めた。特に「大人っぽく撮れたカット」は、「緑のワンピースで宮崎の海の岩に寝転んだりとかしながら撮った写真」。ふるさとの景色が地頭江さんを引き立てた。

「私がいつも宮崎に帰省したりだとか、宮崎に住んでいたときに、景色の一部として...というか、ただ通っていた道だった場所が、こんなに素敵なフォトスポットになるんだ!というのもびっくりしましたし、何か夕暮れとかっていうのもいろいろ相まって、大人っぽい雰囲気が出ているのでは」

   これまでに行ったことがなく「すごいところ」を聞かれると、柱状節理の断崖絶壁が有名な馬ヶ背(日向市)を挙げた。

「何か宮崎って自然が豊かとか、緑が多い、海が多いっていうイメージはあったんですけど、もっと何か大地みたいなところを感じる場所があったのはすごい新発見」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中