2024年 2月 23日 (金)

吉永小百合、化粧品PR「もう一切やらないと決めていた」が... 36年ぶり解禁決めた五島への思い

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   俳優の吉永小百合さん(77)が2023年2月21日、スキンケア商品「五島の椿」の発表会に出席した。「五島の椿」は、長崎・五島列島のツバキを活用し、産学官民が連携して地域活性化を目指す「五島の椿プロジェクト」の一環。

   吉永さんは10年ほど前から繰り返し五島列島を訪問。プロジェクトが発足した20年に、広報活動で協力する「椿サポーター」に就任している。化粧品のプロモーションは「もう一切やらない」と決めていた吉永さんだが、プロジェクトの趣旨に賛同し、36年ぶりにスキンケア商品をPRすることにした。

  • スキンケア商品「五島の椿」の発表会に姿を見せた吉永小百合さん。ツバキ色のワンピース姿で登場した
    スキンケア商品「五島の椿」の発表会に姿を見せた吉永小百合さん。ツバキ色のワンピース姿で登場した
  • 吉永小百合さんがスキンケア商品をPRするのは36年ぶりだ
    吉永小百合さんがスキンケア商品をPRするのは36年ぶりだ
  • スキンケア商品「五島の椿」の発表会に姿を見せた吉永小百合さん。ツバキ色のワンピース姿で登場した
  • 吉永小百合さんがスキンケア商品をPRするのは36年ぶりだ

潜伏キリシタンに関心、福江島や久賀島で教会をめぐる

   吉永さんは、キリスト教が弾圧された江戸時代初期の様子をポルトガル人司祭の視点から描いた遠藤周作(1923~96)の小説「沈黙」を読んで長崎県の潜伏キリシタンに関心を持ち、11年に初めて五島列島を訪問。福江島や久賀島で教会をめぐった。12年にも上五島を訪問している。主演映画「最高の人生の見つけ方」(19年公開)は五島市で撮影された。

   「椿サポーター」就任後の22年4月にはプロジェクトの特別企画として、主演映画「いのちの停車場」(21年公開)の上映会が五島市で開かれ、吉永さんも舞台あいさつのために現地を訪問している。

   旗振り役は、トレーニング機器「シックスパッド」で知られる健康・美容機器のMTG(名古屋市)の松下剛社長。松下氏が代表理事を務める「松下財団」がプロジェクトを運営している。松下氏にとって18歳まで育った五島列島は「命の恩人」だが、地場産業が少なく、若者を中心に人口流出が続く。「いつか、必ずこの島に恩返しをしたい」と決意して島を離れ、約30年が経ってプロジェクトが本格化。「五島の椿」生産を通じて雇用創出も目指している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中