2024年 5月 25日 (土)

「東京での子育てに限界」に相次いだ異論 話題ツイートから考える「地方移住の理想と現実」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京で暮らす人が地方での生活に憧れ移住したものの、うまくいかず撤退...という話は枚挙に暇がありません。東京にも地方にもそれぞれの良さがありますが、移住することについてTwitter上ではどのような声が挙がっているのでしょうか。

   ツイートまとめサービスのTogetter(トゥギャッター)が解説する「3分くらいでわかる週刊Twitterトレンド【J-CAST出張版】」、今回は「東京暮らしと地方暮らし」にまつわる話題を掘り下げます。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「人が多すぎる東京での子育てに限界」母親の思い

   子育てや職場のリモートワーク化をきっかけに、地方への移住を検討する人もいるようです。そんな中、Twitterでは都内で幼い子どもを育てているという母親が投稿した「東京での子育てに限界を感じ始めた」というツイートが話題に。

東京での子育てに限界を感じ始めた→移住した人や田舎暮らしのリアルな意見が集まる - Togetter

   二児の母である投稿者は東京のよさを知ったうえで暮らし始めたものの、育児が始まってからは考え方が変わり、「家も道も街も狭くて、なにより人が多すぎる」「子どもたちの幼少期にどんな景色を残してあげたいかと考えるようになった」のだそう。

   母親のツイートに対し、Twitterユーザーからは共感の声が出る一方で、「田舎育ちの私たちからしたら逆の感想」という反応もありました。「都会では子どもの選択肢は増える」「人間関係が楽」「親の近くや自分の故郷以外への移住はかなり大変」など、東京で子育てをするメリットを説明したツイートが出ていました。

   もちろん、地方暮らしのメリットを推す声もあります。

   東京から静岡へ移り住んだというTwitterユーザーは、「静岡県が最高」と感じたという持論を投稿しました。

東京から静岡に来て最高だなと感じた事あれこれ「何気に走攻守揃った良い県だよな」「仕事がある地方都市が一番QOL高い」 - Togetter

   静岡県は東京や神奈川、長野や愛知などさまざまな都市に出やすい立地であること、御殿場アウトレットといった大型施設などもあり、買い物がしやすいことなどを挙げています。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中