2024年 5月 25日 (土)

得点力不足の広島、復活に「2つの課題」 クリアできれば「十分上位で戦える」...専門家が今季展望

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   プロ野球の広島カープは2023年の今季、新井貴浩監督(46)のもと新体制でシーズンに臨む。昨季は5位に沈み4年連続でBクラスに終わった。新たに指揮官が代わり巻き返しを図る広島。18年以来のリーグ優勝に何が必要なのか。J-CASTニュース編集部は、楽天の元ヘッドコーチで巨人、西武、ヤクルトのコーチを歴任した橋上秀樹氏(57)に分析してもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「デビッドソンは期待を持てるバッターに見える」

   昨季の広島は開幕から6連勝を飾りスタートダッシュに成功するも5月に開幕したセ・パ交流戦で最下位となり失速。中盤以降も調子が上向くことはなく、最終的に最下位中日と0.5ゲーム差の5位に終わった。シーズン終了後に佐々岡真司監督(55)が辞任を表明した。

   橋上氏は「昨シーズンは戦力を生かし切れていないという印象がありました。選手のモチベーションが下がっていたようにも見えました」と昨季を振り返り、「新井監督に代わったことでモチベーションを含め様々な面でプラスが大きいと思います」と語った。

   投手陣に関しては、「昨シーズンは数が足りず全体的にあまりよくなかった」とし、「抑えの栗林(良吏)投手につなぐまでのピッチャーが不安定だったという印象が強かった。今年のキャンプ、オープン戦を見ると中継ぎの層が厚くなった感じがある。底上げはできていると思います」と評した。

   一方、打撃に関しては得点力アップが大きな課題になると指摘。広島は昨季、リーグトップのチーム打率を誇るも得点数ではリーグ優勝を果たしたヤクルトに60点以上の差をつけられた。本塁打数はリーグ4位の91本で、対してヤクルトは174本だった。

「広島がこの投手力で優勝に絡むにはヤクルトくらいの得点力が必要になってくる。昨シーズン、チーム打率が良かったが得点がヤクルトに及ばなかったのはホームランが圧倒的に少なかったから。これを解消するためホームランの打てる可能性のあるデビッドソン選手を獲得した。ピンポイントの補強です。映像を見る限り、期待を持てるバッターに見える。変な癖が無く、体のブレがない。頭が前後に動く動作も少ない」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中