2024年 4月 13日 (土)

「アイドルだけどジャンルが全然違う」カミフレ&TEAM SHACHI 名古屋の2組はコラボで何を感じたか【インタビュー】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   名古屋・栄を拠点にするSKE48の派生ユニット「カミングフレーバー」と、名古屋発のアイドルユニット「TEAM SHACHI」がコラボし、10人組ユニット「シャチフレ」が結成された。同じアイドルでも、「全然ジャンルが違う」と思われてきたグループによる異色のコラボだ。

   「シャチフレ」は、ファーストコラボシングル「I's PRIDE」を2023年3月1日に発売したばかり。タイトルの「I」には「私」や「アイドル」の意味を込め、アイドルとしてのプライドを歌い上げた。AIRIさん(21、カミングフレーバー)、HINANOさん(22、カミングフレーバー)、NAOさん(25、TEAM SHACHI)、YUZUKIさん(25、TEAM SHACHI)の4人に、コラボへの意気込みや、それぞれのグループの良さを語ってもらった。(聞き手:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

  • 「カミングフレーバー」と「TEAM SHACHI」がコラボした「シャチフレ」。左からYUZUKIさん、HINANOさん、NAOさん、AIRIさん
    「カミングフレーバー」と「TEAM SHACHI」がコラボした「シャチフレ」。左からYUZUKIさん、HINANOさん、NAOさん、AIRIさん
  • 「カミングフレーバー」と「TEAM SHACHI」がコラボした「シャチフレ」。左からYUZUKIさん、HINANOさん、NAOさん、AIRIさん

「カミフレ」1年ぶり活動再開と「二重の喜び」

―― 普段はライバルともいえる両グループですが、コラボが決まったきっかけを教えてください。コラボを知ったとき、どう思いましたか。

NAO: 去年(22年)の夏頃に聞きました。まさか、コラボできるなんて思っていませんでした。一緒にお仕事させていただけるだけでも嬉しいと思っていた存在なので、本当に嬉しかったです。
YUZUKI: アーティストさんとコラボして曲を出したことは何回かありましたが、アイドル同士で、というのは初めてです。その分、同じフィールドに立っている近しい存在として一緒に何かを作ることができるのは、学ぶことが多くありそうだと思っていました。同じ名古屋で近い距離にいますが、なかなかそういう機会がなかったので、すごくワクワクしていました。

―― 「カミフレ」のお二人が知ったのは、もう少し時期が遅かったのですか。

HINANO: カミフレのうち、MIYOは22年夏、私は秋頃に知って「そんなに豪華なことやらせてもらえるんだ!」という気持ちでした。カミフレが活動するのも1年ぶりぐらいで、二重の喜びでした。残りの4人が知ったのは、もっと後です。
AIRI: 私が知ったのは、(両グループの)顔合わせのタイミングです。実は顔合わせの直前に現場でシャチさんに遭遇していて、「なんかシャチさんらしき人がいたんだけど?」「絶対違うよ!シャチさんいるわけないじゃん!」と、はしゃいでいました。(笑)
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中