2024年 5月 30日 (木)

「母はルッキズムの権化」「美人の人生を歩みたい」 10代で整形した・させられた2人の少女

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   普及の過渡期を迎える美容整形は、若年層を中心に寛容化が進むと同時に、ルッキズム(外見至上主義)に関わる問題も懸念されている。未成年も保護者の同意があれば手術可能で、親が子供の整形を主導して物議を醸す事例もある。

   望んで整形して「生きやすくなった」と喜ぶ人と、されるがままで後から「自分で決めてないから降りかかる不満を上手く処理できない」と悩む人。対照的な経緯で未成年時に整形した2人が、心境の変化を取材に語った。

  • 写真はイメージ
    写真はイメージ
  • 写真はイメージ

自発的に整形した、みきしぃさん

   会社員の傍ら、ツイッターで1万7000人のフォロワーを持つ「整形OLみきしぃ(@Qpr_7)」さんは、高校卒業の翌日、自身の強い希望でメスを入れる二重整形に臨んだ。20代後半の現在、整形して良かったかと問うと「もちろん、はい」と力強く答える。

「自分が生きやすくなって、色々挑戦できるようになった。全部、顔を理由にして『これやったら何て思われるかな』とか『これ出来ないよな』って選択肢を潰してきた人生だったので」

   「美人の人生を歩んでみたい」という整形願望は中学1年ごろから募りはじめた。容姿を馬鹿にするようないじめによる、コンプレックスの深刻化がきっかけだ。高校では授業中にも涙を流す不安定な精神状態に陥り、人前に顔を晒す抵抗感から不登校気味に。バイトや恋愛、ファッションの楽しみは諦めていた。

   コンプレックスや整形については、仲が良かった母に対しても、あまりの辛さと申し訳なさから手術の数日前まで明かせなかった。おおむね察しており、「それで幸せになってくれるなら」と肯定的な反応で費用を負担してもらえたという。

みきしぃさんの整形前後
みきしぃさんの整形前後

   「やっと出来る。本当に何年も思ってたから夢みたいな感じ」とみきしぃさんは振り返る。今となっては、「学生時代に整形してもっと可愛くなれてたら明るい人生送ってたのかな」とさえ述べる。

   反対に親主導で整形したのは、恋愛・美容ライターの「りのこ(@ring6565)」さんだ。「親が『整形しろ』と言ってきて、10代の頃に埋没をプレゼントされた...」などと伝えたツイートは物議を醸した。埋没とは、メスを入れずまぶたを糸で縫い留める二重手術である。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中