2024年 3月 4日 (月)

志位和夫氏は「ますます党を混乱させているだけ」 共産党でまた除名処分...本人が選挙への影響警告

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   共産党の志位和夫委員長の辞任を求める内容の著書を出版した古参党員の鈴木元氏(78)が、規約上最も重い除名処分を受けた。鈴木氏は2023年3月17日に都内で記者会見し、著書で展開した主張について「ますますそう思いますね」などと語った。

   共産党は23年2月、鈴木氏と同時期に著書を出した古参党員の松竹伸幸氏(68)を除名したばかり。松竹氏の除名には批判も多く、4月に予定される統一地方選への影響も指摘される。そんな中で著書出版をめぐる2人目の除名だ。鈴木氏は、統一地方選の影響が次期衆院選にも波及し「大ダメージを受けることになる」と警告している。

  • 共産党から除名処分を受けた鈴木元氏。統一地方選や次期衆院選にも影響が出るとみている
    共産党から除名処分を受けた鈴木元氏。統一地方選や次期衆院選にも影響が出るとみている
  • 共産党から除名処分を受けた鈴木元氏。統一地方選や次期衆院選にも影響が出るとみている

党員歴60年、京都府委員会常任委員も務める

   鈴木氏は党員歴60年の大ベテラン。京都府委員会常任委員を務めたこともあり、27年間にわたって党職員として勤務した。問題視されたのは、著書「志位和夫委員長への手紙」(かもがわ出版)だ。共産党の京都府委員会の発表では、処分の理由を大きく(1)著書の出版で党を「誹謗・中傷」した(2)松竹氏の著書と出版のタイミングを合わせるために執筆を急いだことで「党攻撃のための分派活動の一翼をになった」、と説明している。3月15日に府委員会常任委員会が除名を決定し、3月16日に「中央委員会がこれを承認し確定」した、としている。

   鈴木氏は記者会見で「除名される筋合いはない」と処分を批判。その理由を

「私の書いていることは全部事実で、府委員会でのやり取りでも私が提起している事実を否定できない」

と説明した。鈴木氏は処分の撤回を求めていく考えだ。松竹氏は24年1月に行われる見通しの党大会で再審査を求める考え。一方、鈴木氏は「私がそれをするかどうか、今のところ何とも言いません」と話した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中