2024年 4月 13日 (土)

「させていただく」は間違った表現? 「過剰敬語」指摘に注目も...辞典編纂者の見解は

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「させていただく」という敬語は誤りなのか――。元読売テレビアナウンサーの辛坊治郎さん(66)のラジオ番組での指摘をきっかけに、そんな話題がSNSで注目を集めている。

   J-CASTニュースは、国語辞典編纂者の飯間浩明氏に意見を求めた。

  • 写真はイメージ
    写真はイメージ
  • 写真はイメージ

「過剰敬語になっちゃうので」指摘も...

   2023年3月8日放送の「辛坊治郎ズーム そこまで言うか!」(ニッポン放送)に出演した辛坊さん。通常、同番組にはアシスタントの増山さやかアナウンサー(56)と出演しているが、この日は代役の内田雄基アナウンサー(25)と出演。その際、「させていただく」という表現に苦言を呈した。

   番組冒頭、内田アナは「今回、このアシスタントのピンチヒッターを務めさせていただくということで」と発言。これに対し、辛坊さんは

「『務めさせていただきます』って。これもう、今、日本語でよく、これね、ありますけど、いわゆる、これ、あの、国語学者等が批判する過剰敬語ってやつ、過剰丁寧語になっちゃうので」

   としつつ、増山アナウンサーであればとっさに言い換えるのではないかとたしなめたのだった。

   内田アナは「なるほど......私、内田がピンチヒッターを務めております」と訂正した。こうしたやり取りには、放送を聞いたリスナーからも、

「全く同感!!デビューさせていただく、放送させていただくなどなど。ホント、うんざりするくらい多い」
「これこれ!違和感!YouTuberでも『させていただく』が多い」

   など、辛坊さんに賛同する声がネットに相次いでいた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中