2024年 3月 2日 (土)

「ありえない行為」撮り鉄マナーに目撃者怒り ホームの歌碑を土足で踏み付け...JR東も困惑

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   特急のラストランを撮ろうと、鉄道ファンの若い男性2人がカメラを持って石川啄木の歌碑に土足で上がる様子を撮った写真がツイッターに投稿され、危険な行為だと指摘されている。

   当時、東京都台東区内のJR上野駅には、鉄道ファンが多数集まり、ホームが混雑していた。JR東日本の首都圏本部は、「ケガにつながり危ないですので、止めていただきたいと思っています」と取材に話した。

  • 651系の特急列車
    651系の特急列車
  • 啄木の歌碑に上る男性2人(写真は、ゆみ@Re_yumi1202さん提供)
    啄木の歌碑に上る男性2人(写真は、ゆみ@Re_yumi1202さん提供)
  • 651系の特急列車
  • 啄木の歌碑に上る男性2人(写真は、ゆみ@Re_yumi1202さん提供)

「651系」特急がラストランを迎え、鉄道ファンがホームに集結

   「ふるさとの 訛なつかし...」。夢をかなえようと東京に出てきた啄木は、ふるさと岩手を懐かしんで、代表作にその思いを込めた。

   この歌碑は、JR東日本によると、ロータリークラブの30周年記念事業の一環として、東北新幹線の上野駅乗り入れが実現した1985年にJRに寄贈された。上野駅・15番線ホームの線路行き止まり付近にあり、ふるさとを思う人々に長く親しまれ、人気の撮影スポットにもなっている。

   ところが、ツイッターで2023年3月17日、その歌碑に土足で上がる男性2人がいたと写真が投稿された。

   リュックを背負った若い男性2人が、カメラを持って斜面になった歌碑の表側に立って話をしている。周辺には、同じようにカメラを持った男性ら10人ほども写っていた。

   この日は、JR東日本初の特急として1989年にデビューした「651系」が、ダイヤ改正でラストランを迎えていた。651系は、JRとしては異色のグレーの特急で、当時は「タキシードボディのすごいやつ」のキャッチコピーで呼ばれた。「スーパーひたち」として常磐線を走った後、「草津」「あかぎ」などとして高崎線を走っていた。

   上野駅では、この特急の見納めとして、ホームにカメラを持った鉄道ファンが集結した。ツイッターなどに動画が投稿されており、それらを見ると、651系が汽笛を鳴らして出発すると、一斉にシャッターを切る音が響き、「ありがとう」の大合唱が起きていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中