キン肉マンは「名前を出せない」マンガ? 「悪質ネタバレに法的手段も」声明2年半...ツイート数に変化は

   人気マンガ「キン肉マン」の新作アニメの制作が発表された。新ビジュアルも公開され盛り上がる一方で、ツイッターではマンガについて言及する声が減ったと心配する声も広がっている。

  • 人気マンガ「キン肉マン」のキャラクター(写真:松尾/アフロスポーツ)
    人気マンガ「キン肉マン」のキャラクター(写真:松尾/アフロスポーツ)
  • 人気マンガ「キン肉マン」のキャラクター(写真:松尾/アフロスポーツ)

期待の一方...「読んでても話題にしちゃダメって雰囲気はある」

   「キン肉マン」は、嶋田隆司さんと中井義則さんの2人組マンガユニット「ゆでたまご」が手掛ける人気作品。マンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1979年から87年まで連載した。2011年からはウェブコミック「週プレNEWS」で続編の連載を開始。さらに、20年8月17日からは雑誌「週刊プレイボーイ」でも同時連載することとなった。

   1983年からはテレビアニメも放送され、大ブームになった。それから約40年経過した2023年3月17日、新シリーズの制作が発表された。

   作者の1人である嶋田さんは28日、自身のツイッター上で次のように呼びかけた。

「まだ『キン肉マン』が続いてるのを知らない人たち~!!スグルシリーズ第2期はすでに11年半も経つんだよ しかもアニメ化も決定したんだよ~」

   このツイートに対し、「アニメ化楽しみです」「ほんとうれしい」「あの時熱くなり、今もアツくなっているのを知らずにいる人に今こそ、届けたいです!」などと期待の声があがる一方、一部ツイッターユーザーからは冷ややかな声が寄せられている。作品についてインターネット上で言及しにくいという。

「名前を出してはいけないあの漫画として語られるようになって、そのうちそれも見なくなった」
「キン肉マンは少なくともツィッター上で『名前を書いてはいけないあの作品』になっちゃったからな」
「今では誰も呟かない、呟けない。自分も読んでても話題にしちゃダメって雰囲気はある」

   きっかけは20年9月1日、嶋田さんがマンガのスクリーンショット投稿を控えるように呼び掛けたことだ。読者からは理解を示す声も多く寄せられていたが、その後「週プレNEWS」公式サイト上で発表された声明はSNS上で大きな波紋を呼んだ。

   週プレNEWS 編集部の発表があったのは20年9月10日。作者らの訴えを受けて作者と編集部が出した声明で、読者の注目を集めたのは次の1文だった。

「悪質な著作権侵害、ネタバレ行為(文章によるものを含みます)に対しては、発信者情報開示請求をはじめ、刑事告訴、損害賠償請求などの法的手段を講じることもありますので、ご注意ください」
姉妹サイト