「仕事用」から「推し事用」に即切り替え! 「オタクの理想」具現化したリュック話題...開発者明かす製作秘話

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   パソコン周辺機器メーカー・エレコム(大阪市)が販売する「推しごとバックパック」が注目を集めている。社員のつぶやきがきっかけだが、10万件を超える「いいね」が集まるなど、SNSで共感を呼んだ。

   一見シンプルなリュックサックに見えるが、これは日常に溶け込む「擬態モード」だ。フロントの着脱パーツを切り替えると、好きなぬいぐるみや缶バッチを披露できる「推し活モード」に変身する。

   J-CASTニュースの取材に対し、エレコムは2023年4月7日、開発担当者自身が「重度のオタク」であると明かす。

  • SNSで話題のエレコムのリュック「擬態モード」
    SNSで話題のエレコムのリュック「擬態モード」
  • 「推し活モード」
    「推し活モード」
  • 「推しごとバックパック」
    「推しごとバックパック」
  • 「推しごとバックパック」
    「推しごとバックパック」
  • SNSで話題のエレコムのリュック「擬態モード」
  • 「推し活モード」
  • 「推しごとバックパック」
  • 「推しごとバックパック」

「これで移動中は体裁を保ちつつ、現場に着いた瞬間に推し活モードに入れる」

   話題になった「推しごとバックパック」は、22年1月に発売された。15.6インチまでのノートパソコンや細かなグッズを収納できる構造になっており、「お仕事」はもちろん、アイドルや俳優、キャラクターなどのファン活動「推しごと」にも活躍するという。

   リュックのフロント部分は取り外すことができ、外した部分はサコッシュとして用いることができる。内側は大きな透明窓が設けられており、内部をバッチやぬいぐるみなどで飾り付けることができる。

   つまりフロント部分の着脱により、好きなグッズを手軽に見せたり隠したりすることができる。プレスリリースでは、グッズを隠した状態を「擬態モード」、見せる状態を「推し活モード」と称している。

   エレコム社員で、10万7000人以上のフォロワーを抱えるツイッターユーザー・マキオさんが23年4月4日、「弊社とんでもないリュック売ってて笑う」と紹介したところ、大きな注目を集めた。

   ツイートには7日までに1万8000件を超えるリツイート、10万2000件を超える「いいね」が集まり、次のような声が寄せられている。

「これで移動中は体裁を保ちつつ、現場に着いた瞬間に推し活モードに入れる」
「取り外した部分もちゃんと使えるってのが良いと思う」
「リュックの説明とは思えない『擬態モード』という単語にじわじわきますね......」

   マキオさんは、一般のユーザーのように日常やゲームに関する雑談などのつぶやきをしているが、エレコムの営業担当としてウェブメディアやVTuberとのコラボ動画にも出演している。

姉妹サイト