2024年 6月 17日 (月)

「放送事故レベル」「音ハズレすぎ」 人気バンド生演奏に視聴者騒然...ボーカル反省「クソみたいな歌でした」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2023年4月17日放送の「CDTV ライブ!ライブ!」(TBS系)に出演したロックバンド「Novelbright」のパフォーマンスをめぐり、SNSでボーカルの音程が不安定だったとする指摘が相次いでいる。

   ボーカルの竹中雄大さんも、放送後のツイッターで反省をつづっている。

  • CDTV出演を報告するメンバーたち(Novelbright公式ツイッターより)
    CDTV出演を報告するメンバーたち(Novelbright公式ツイッターより)
  • CDTV出演を報告するメンバーたち(Novelbright公式ツイッターより)

「この人もっと上手かったよなぁ」

   Novelbrightは2013年に結成、20年8月にメジャーデビューした5人組ロックバンドだ。

   新生活のスタートを後押しする「春の応援ソング検定」をテーマとした17日の放送では「背中を押す応援ソング」として、テレビアニメ「弱虫ペダル LIMIT BREAK」のオープニングテーマとして書き下ろされた「ラストシーン」をフルサイズでライブ演奏した。

   約3分間の楽曲をバンドメンバーらは笑顔で演奏する一方で、ボーカルの竹中さんはサビの高音部分などで眉をひそめ、苦しそうな表情を浮かべる場面もあった。 SNSでは音源に比べ音程がズレているのではといった指摘が相次ぎ、一時はバンド名がツイッタートレンド入りしていた。

「追っかけ再生でCDTV見てるんやけどNovelbrightどうしたんや 放送事故レベルに歌えてないやん」
「CDTV流し聞きしてたが、音ハズレすぎててビックリしたらNovelbrightで更にびっくり。自分達の曲でここまで音程外すとは何かあったの? 放送事故かと思った...」
「Novelbrightライブのときは普通に上手かったのにCDTVだとみんな顔強ばってて音程外してた 緊張しすぎたのかな?」
「CDTVでのノーベルブライトの歌が音程外れてて気の毒だった。あれはイヤモニのせいかしら...」
「CDTVはリアタイで見てたけど、Novelbright調子悪かったな。この人もっと上手かったよなぁ?って聴きながら思ってた」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中