2024年 2月 25日 (日)

原監督は「迷ったら動くタイプ」 なぜ固定できない?「日替わり打線」の背景を元巨人コーチ分析

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球の巨人が開幕から低迷している。2023年4月20日時点で17試合を消化し6勝11敗と大きく負け越している。主力の坂本勇人内野手(34)、丸佳浩外野手(34)が共に打率1割台と調子が上がらず、打順を固定できず「日替わり」打線が続いている。なぜ打順を固定できないのか。J-CASTニュース編集部は、巨人でコーチを務めた橋上秀樹氏(57)に分析してもらった。

  • 巨人・原監督(編集部撮影)
    巨人・原監督(編集部撮影)
  • 巨人・原監督(編集部撮影)

「原監督も本来は不動でいきたいと思っているはず」

   3月31日の中日との開幕戦は、1番オコエ瑠偉(レフト)、2番・吉川尚輝(セカンド)、3番・丸佳浩(ライト)、4番・岡本和真(サード)、5番・中田翔(ファースト)、6番・坂本勇人(ショート)、7番ブリンソン(センター)、8番大城卓三(キャッチャー)、9番ビーディ(ピッチャー)のオーダーで臨んだ。

   17試合を消化した4月19日まで打順を動かさなかったのは4番の岡本だけで、中田は開幕から5番に定着していたが、4月18日、19日のDeNA戦で3番に入った。

   橋上氏は「例えばV9を達成した時の巨人のように強いチームの打線はほとんど不動でした。基本はそれが理想だと思います」とし、「原監督も本来は不動でいきたいと思っているはず。開幕当初に描いていたメンバーで。ところがそこにケガも含めて戦前の予想とは違う部分が出てきた。より良いものを見出そうということで打線を入れ替えていると思います」と解説した。

   原辰徳監督(64)の第2次政権下で戦略コーチを務めた橋上氏は、「原監督はどちらかというと動くことが多い監督で、迷ったら動くタイプでした」と当時を振り返った。

   開幕から好調を維持し現在リーグ首位の阪神の打線に目を向けると、1番、2番、4番を完全に固定し、3番ノイジー、5番・佐藤輝明は2試合外れただけでほぼ固定している。

   橋上氏は「セ・リーグの他球団を見渡してみると、まるっきり固定というチームはないが、巨人ほど動かしているチームもない」と指摘し、次のように語った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中