2024年 5月 20日 (月)

韓国に渡った元NPB助っ人が「1試合も投げずに去った」 100万ドル契約も...公式戦登板ゼロで「放出」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   韓国プロ野球リーグのSSGランダースに所属するエニー・ロメロ投手(32)が、公式戦で1試合も登板せずに「放出」されたと複数の韓国メディアが2023年5月5日に報じた。ロメロは3月に沖縄で行われたキャンプでの練習試合で左肩の痛みを訴え緊急降板。その後、韓国国内でリハビリをし、4月3日に米国に渡り治療を続けていた。

  • ロメロ選手(写真:AP/アフロ)
    ロメロ選手(写真:AP/アフロ)
  • ロメロ選手(写真:AP/アフロ)

1年総額100万ドル契約も...

   ドミニカ共和国出身のロメロは大リーグのワシントン・ナショナルズなどでプレーし18年オフに中日に入団。その後、マイナーリーグ、メキシカンリーグを経て21年にロッテに移籍。ロッテでは2年間プレーし、22年は8勝9敗の成績を残すもオフに自由契約となり活動の場を韓国に求めSSGランダースに移籍した。

   地元メディア「OSEN」(WEB版)によると、SSGランダースはロメロと総額100万ドル(約1億3000万円)の1年契約を結んでいたという。

   SSGランダースはロメロの代替投手として、元大リーガーでキューバ代表のロエニス・エリアス投手(34)を獲得した。

   キューバ出身のエリアスは大リーグのシアトル・マリナーズ、ボストン・レッドソックスなどでプレーした経験を持つ左腕で、通算22勝24敗3ホールド14セーブを記録した。今年3月に開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にキューバ代表として出場し、準決勝進出に貢献した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中