2024年 6月 14日 (金)

ウクライナのマクドナルド動画に「戦争している国には見えない」 投稿拡散も...現地の元高官が反論

   ウクライナは戦争をしている国には見えない――。現地のマクドナルドの店内動画を引用した、こんな日本語のツイートが拡散している。若年客を中心に賑わっているようにみえ、まるで平時のような光景が映されていた。

   しかし、撮影した元ウクライナ高官は間違ったプロパガンダに反論するため公開したといい、寄せられた疑問を否定した。

  • チモフィイ・ミロワノフ氏のツイートより
    チモフィイ・ミロワノフ氏のツイートより
  • チモフィイ・ミロワノフ氏のツイートより

「若者がいかに多いかに注目してください」

   発端は、元ウクライナ経済発展商務・農業相で、キーウ経済大学学長のチモフィイ・ミロワノフ氏の2023年5月27日のツイートだった。

   同日夜に、ウクライナの首都キーウのマクドナルドの様子を撮影し、「若者がいかに多いかに注目してください」と呼びかけた。

   20秒ほどの動画には、広い店内で客がにぎわう様子が確認できる。多くは若年層の男女とみられる。

   30日夕時点で約800万回再生されており、日本でも注目を集めた。「戦争をしている国には見えない」という日本語の投稿は2500以上リツイートされ、議論を呼んでいる。もっとも、「どこでも戦闘状態なわけないでしょ」「有事であっても経済活動は行われる」と反論が数多く寄せられている。

   ミロワノフ氏は続く投稿で、「戦争を経験していない人にとって、ミサイルが外に着弾しても普通の生活が続くということは理解しがたいことです。しかし、そうです。それで大丈夫です」とSNSの議論に理解を示し、「世界がウクライナを支援することで、この普通の生活がウクライナ、そして重要なヨーロッパで継続できるようになったのです」と説明する。

   動画は2つのプロパガンダ▽国民は軍に引きずり込まれるため街を歩くのを恐れている▽ウクライナに若者はおらず全員去ってしまった――を否定するために投稿したという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中