2024年 2月 29日 (木)

小学館は「管理した方がいい」、集英社は「聞き取ろう」 人気漫画家、小学館「社外発信なし」報道に「社風」交え苦言

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ドラマ「セクシー田中さん」(日本テレビ系)の原作者で漫画家・芦原妃名子の急死をめぐり、発刊元の小学館が経緯などを社外発信する予定はないと社員に向けて説明していた、と2024年2月7日にスポーツ各紙が報じた。

   それを受け、同日、「ラブセレブ」などで知られる人気漫画家の新條まゆさんがXで小学館に対し苦言を呈した。

  • 新條まゆさんのX(@shinjomayu)より
    新條まゆさんのX(@shinjomayu)より
  • 実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
    実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
  • 実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
    実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
  • 実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
    実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
  • 実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
    実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
  • 実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
    実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
  • 実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
    実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
  • 新條まゆさんのX(@shinjomayu)より
  • 実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
  • 実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
  • 実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
  • 実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
  • 実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)
  • 実際の投稿(新條まゆさんのX(@shinjomayu)より)

「小学館声明なしか...残念ですね」

   報道を受け、同日、Xでは「芦原妃名子さん急死の経緯」が一時トレンド入り。漫画家による反発や説明を求める声が相次いでいる。

   各社報道によると、芦原さんの急死を受け、小学館は6日に社員向けの説明会を実施。経緯などの社外発信は現時点で予定していないとする説明があったという。

   新條と小学館の間では、過去にトラブルが起きたことがある。新條さんは08年6月8日付のブログ(現在は削除済み)で、小学館で連載してた際に、編集者らから考え方がおかしいとして1回だけ休載させられたと告白。小学館の仕事を辞めたいと告げると、それまでの出版物を絶版にすると言われたという。新條さんは、「もうHな漫画は描きたくなかった」などとつづっていた。

   今回の報道を受け、新條さんはXで以前のトラブルを念頭に

「小学館声明なしか...残念ですね。私が小学館から出るっていうブログを書いて大問題になった時、小学館は朝イチの会議で『作家にあんな偉そうな発言をさせないように管理した方がいい』ってなった。かたや集英社の会議では『こんな事態になる前に作家さんが不満を抱えてないか、聞き取ろう』ってなった」

と小学館と集英社の対応の差を明かした。

「この話は当時、私が小学館を離れても連絡を取り合ってた小学館の編集者がさすがに自社の対応に呆れて教えてくれた。いい編集者って小学館にもたくさんいるし、今でも顔も見たくない人いるけど、社風というのは変わらないのだな。ホントに残念だ」

と小学館に苦言を呈した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中