2024年 5月 27日 (月)

「胸が詰まって何も言えなかった」早期離職した部下と10年ぶり再会 新米上司時代の苦い経験こそ「成長の糧」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   上司の言葉がけひとつで、モチベーションが高まった経験はありませんか?

   実際のエピソードや感動的なエピソードを取り上げ、人材育成支援FeelWorks代表の前川孝雄さんが「上司力」を発揮するヒントを解説していきます。

   今回は、有望な若手部下を厳しく育てようと奮起した新米上司のエピソードです。

  • 経験を積んで、上司も成長していく
    経験を積んで、上司も成長していく
  • 経験を積んで、上司も成長していく
    経験を積んで、上司も成長していく
  • 経験を積んで、上司も成長していく
  • 経験を積んで、上司も成長していく

久しぶりの再会の日に

   <「どうして?」目をかけていた期待の若手部下が退職 後悔する新米上司...そのやり方、熱意は正しかったのか>の続きです。

   時は流れ、約10年後のある日、Aさんはある仕事のイベントでY君と偶然再会する機会を得ました。

   Y君は30代半ば、転職先で昇進し活躍している様子です。Y君のほうから懐かしそうに声をかけてくれたことから、久しぶりに食事を共にすることに。2人で居酒屋の暖簾をくぐりました。

   しばらく互いの近況を話し合った後に、Y君がしみじみと語ってくれました。

「Aさん。僕、当時はAさんに何を叱られているのか、まったく分からなかったんですよ。Aさん、何を言っても聞いてくれないし。なんで毎日毎日ガミガミ言われないといけないんだろう、くらいに思ってました」

   Y君の話は続きます。

「でも、この歳になって、Aさんが言ってくれてたこと、わかる時があるんですよ。気づくと、若い連中に、Aさんと同じことを説教していたりするんです。ただ忙しい中ですし、ハラスメントもご法度ですから、あきらめてしまうことも多いんです。そう考えると、僕は幸せでした。だってAさん、あそこまで本気で新米の僕なんかに毎日ぶつかってくれていたんですから。面倒だったでしょう? 今は感謝の気持ちでいっぱいです」

   Aさんは胸が詰まって、何も言えませんでした。

   あまりにもありがたい言葉に、大人になった彼を見つめるしかありませんでした。今や上司と部下のしがらみから離れ、お互いに気を遣って話す必要がない仲だけに、余計に心に沁みる言葉でした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中