2021年 1月 20日 (水)

英語は「仕組み」が8割! 「毎日1時間」勉強してもダメ(12)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「毎日1時間」はダメ!

   計画を立てるポイントは、「時間」ではなく「分量」で策定することです。「1日に4ページ」「1日に30問」など「学習する分量」でスケジュールを管理すれば、確実に目標を達成できます。

   逆に、「時間」をベースにすると危険です。「毎日1時間、英語の勉強をする」と決めても、1時間でどの程度学習できるかわかりません。たとえば、1時間でクリアできるページ数や問題数は、その日の体調や気分によっても左右されるでしょう。1か月後、3か月後にどこまで到達できるかは、ふたを開けてみないとわかりません!

   その点、「時間」ではなく「分量」で計画を立てると、「時間をかけたのに何も進まない」ことはありません。1か月後、3か月後の到達点も確実に予測できます。

   「英語の勉強に費やす時間」ではなく、「学習する分量」で管理する方法は、どんなに意志が弱い人でも確実にノルマを消化できる「魔法の仕組み」なのです。(井津川倫子)

今週のニュースな英語 ~ 英国人ブロガーがサイバー攻撃を防いだ! ~

   先週、欧米やロシアなどで大規模なサイバー攻撃(Cyber‐attack)があり、病院など公共機関や企業のサービスが中断するなどの影響が世界中に広がりました。一部報道によると150か国20万件以上が被害にあったとされ、さらに被害が広がる可能性も示唆されています。

   そんな中、一人のヒーローが世界を救いました。

   22才の英国人ブロガーが偶然、サイバー攻撃の「loophole」(抜け穴)を見つけて被害を食い止めたのです。

   一躍、「Accidental hero」(偶然のヒーロー)と世界中で有名になった彼ですが、名前などのプロフィールは一切公表していません。匿名で受けたインタビューでも、「Accidentally」(偶然に)発見したと強調するばかり。インタビュアーが思わず「That's very modest of you!」(わあ、謙虚ですね!)と叫んでいました。

   ちなみに、「I have not slept a wink」(一睡もしていない)彼に対して、上司が1週間の休暇をプレゼントしてくれるそうです。報酬も謙虚ですね。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。TOEIC(R)L&Rテストの最新スコア970点。これまで英検、TOEIC、TOEFL、IELTSをすべて受験し、GMATにも挑戦。30年近く仕事をしながら英語を学び、海外駐在員として滞在したロンドンでは、イギリス式の英語学習法も体験した。「いくつになっても英語は上達できる」をモットーに、40代での英語やり直しを提唱している。現役ビジネスパーソンならではの実践的なアドバイスが「役に立つ」と人気。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中