2020年 12月 6日 (日)

多い、少ない? 企業の「全面禁煙」は22.1%

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   コーヒーに紅茶、ワイン、ウイスキー...... 世の中に嗜好品は数多くあれども、「煙草」ほど好き嫌いの分かれるものはないのではないか――。愛煙派と嫌煙派で、議論がヒートアップすることもめずらしくない。

   そうしたなか、新たな火種となるかもしれない調査結果が、帝国データバンクから発表された。

  • 「喫煙ルーム」を設ける企業が増えている
    「喫煙ルーム」を設ける企業が増えている
  • 「喫煙ルーム」を設ける企業が増えている

奨励一時金で禁煙を支援する企業も

   帝国データバンクが2017年10月16日発表した「企業における喫煙に関する意識調査」(9月15~30日実施。有効回答企業数1万212社、回答率43.8%)によると、「全面禁煙」を実施している企業は全体の22.1%だった。

   適切な換気がされている喫煙場所や屋外に喫煙場所がある「完全分煙」は56.2%、「不完全分煙」は10%、「時間制分煙」が3.4%と、受動喫煙防止などのため、なんらかの「分煙」措置を敷いている企業は91.7%にのぼった。

   「特に喫煙制限は設けていない」は7.3%、「わからない」も1%あった。

   「全面禁煙」を業界別にみると、「不動産」が最も高く44.1%。次いで「金融」の38.2%、「サービス」33.2%、「卸売」27.2%、「小売り」21.9%と続く。

   また、「建設」は18.3%、「運輸・倉庫」が14%、「製造」11.7%、「農・林・水産」11.3%。業界によって、取り組みに差があることもわかった。

   規模別にみると、規模の小さい企業ほど「全面禁煙」を実施している割合が高く、「小規模企業」(31.4%)が「大企業」(17.2%)を14.2 ポイント上回った。

   アンケートとともに企業から寄せられた声には、

「喫煙者の人数減少により、全面禁煙を実施。時代の流れだと考えている」(北海道の水産食料品製造)

など、「時代の趨勢」と受けとめている声や、

「禁煙奨励一時金支給や非喫煙者手当を導入し、禁煙を促進している」(埼玉県の事業者向け貸金業)

と、禁煙を後押しする取り組みを進めている企業の声もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中