【追跡】「脱デフレ」で上昇期待のMUFG株 国内事業の効率化でまだまだ伸びる!(石井治彦)

印刷

   2018年、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は有望株のひとつとみている。さらなる上昇が期待できる、「脱デフレ銘柄」だからだ。

   また、三菱UFJ株は有名企業でありながら、安く買えるのがサラリーマン投資家にピッタリ。少ない手元資金で株式を複数保有でき、上昇時に半分だけ売って利益を得たり、下落時に買い増して平均取得単価を下げたりできる。ウォッチし続けて損はない銘柄だと思う。

  • MUFG株、2倍に! 今度はいつ売ろうか?
    MUFG株、2倍に! 今度はいつ売ろうか?

メガバンクに米利上げの恩恵あり!

   米国の政策金利(フェデラルファンド レート)の引き上げが続いていることで、日本の銀行株もようやく動意づいてきた(動意づく=株価がはっきりと動き出すこと)。

   2017年12月1日付の日本経済新聞に「師走相場、株先高期待強く」の見出しが踊っていた。「米国の景気は底堅く、穏やかな利上げが続くとの見方が大勢を示す」と評価。そのうえで、「外為が一段と円安方向に動く可能性があり日本株を支えそうだ」と証券アナリストの見解を紹介していた。

   実際に、12月12~13日に開かれた米連邦準備制度理事会(FRB)の米連邦公開市場委員会(FOMC)は金利を0.25ポイント引き上げ、年1.25%とした。

   この流れを受けて、2018年1月4日の大発会で日経平均株価は、前営業日(12月29日の大納会)から741円39銭も上昇する「爆上げ」となり、終値で2万3506円33銭を付けた。翌5日も終値は208円20銭高の2万3714円53銭を付けている。

   まさに「戌笑う」の格言どおりのスタート。なかでも銀行株は、三井住友フィナンシャルグループが4日、5日連日で、三菱UFJFGも5日に、ともに昨年来高値を更新するなど、全体の株価押し上げに、ひと役買っている。

   銀行株に「出遅れ感」があったこともあるが、年末に利食い売りした個人投資家らの資金が、銀行株に回って来ているようにみえる。

   米国の利上げの「恩恵」を、さっそく銀行株が享受。しかも、米FRBは18年にも3度の利上げを予定している。最近の経済情勢は、過熱せず冷めすぎてもいない状況の、「ゴルディロックス経済(適温経済)」とも呼ばれている。こうした状況のとき、景気の穏やかな回復とカネ余りへの期待が相まって、資金が安全資産からリスク資産へ流入(リスクオン)して相場を押し上げるとされる。

   そうであれば、相場が下降ぎみの時は「買いどき」かもしれない。上昇すれば、売ればいい。銘柄をウォッチするには、なんとも好都合ではないか――。

石井治彦(いしい・はるひこ)
   1970(昭和45)年に大学卒業後、自動車大手に勤務。リース販売を手がける。投資歴は実質25年。入社後にユーザーと接するなかで得た情報と自分の知識で、最初のボーナスをもとに株式運用を開始。しかし、78~98年の20年間は投資する余裕がなく、休止に。それが幸いしてバブル崩壊の痛手は軽傷だった。ただ、いつでも動けるよう、日本経済新聞をはじめ経済誌などには目を通していた。
   「現物株式取引」と「長期投資」が基本姿勢。2011年の退職後は少しの小遣い稼ぎと、興味をもって経済誌を読むために株式を保有している。現在、14の銘柄で、1万3800株を運用。東京都出身、69歳。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中