2020年 8月 5日 (水)

がんを治したいなら便秘を治せ!? 薬草スムージーで病気退散のふしぎ

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   がんになった人の9割は便秘だった?

   専門医が毒素の出し方を教えます。がんがイヤなら便秘を治さなければいけません。腸内環境を整え、免疫力を高める「食事療法」「ストレス管理」「生活習慣の改善」「デトックス」でがんを改善・予防することができます。

   今回は、「がんは腸で治る! ─ がんが嫌なら便秘を治そう」(自由国民社)を紹介します。著者は医師の大場修治さん。自然治癒力を高めて、がんに負けないカラダをつくる医師・専門家です。現在は、がんと生活習慣に関する講演会や、沖縄県のテレビ、ラジオの出演、健康の専門雑誌にも寄稿しています。

「がんは腸で治る! ─ がんが嫌なら便秘を治そう」(大場修治著)自由国民社
  • 薬草スムージーで病気退散!?(写真はイメージ)
    薬草スムージーで病気退散!?(写真はイメージ)
  • 薬草スムージーで病気退散!?(写真はイメージ)

人間のカラダの中で腸が一番大事!

「便秘が治った」
「血圧が下がった」
「糖尿病が改善した」
「手足の痛みがなくなった」

   これは、沖縄のあるおばちゃんが作っている、スムージーを飲んだ人の感想です。スムージーを飲んだ人は、まず、「便秘」が治り、高血圧だった人は血圧が下がり、リウマチだった人は手足の痛みがなくなり、糖尿病だった人は糖尿病が治ってしまいます。

   いったい、どういうことでしょうか――。

   著者の大場修治さんは、

「そのおばちゃんは、もともと、小さいときから曜息で、それを治すために食事に興味をもったとのこと。また、ご主人が前立腺がんを患い、食事を見直そうとして、腸のはたらきを活発にする、沖縄の薬草や果物を使ったスムージーにいきついたそうです。この薬草スムージーは高血圧、糖尿病、リウマチから大腸がん、肺がんなどの病気の人も飲んでいます」
「おばあちゃんはこう言いました。『人間の体のなかで、腸が一番大事なのよ』。そのとき私は、医学についてまったくの素人のおばちゃんから、がんを治すための方法を教えてもらったのです。スムージーとの出会いを経て、私は『がんと腸』の研究を進めることとなりました」

と話しています。

   大場さんは、がんと腸の関係を研究し続け、その研究の集大成が本書になります。さらに、「がんになった人の約9割は便秘である」と考えているそうです。

「事実、患者さんにスムージーを勧めてみたところ、便秘が治り、がんが再発しにくくなりました。そのとき私は、がんと腸の密接な関係を目の当たりにしたのです。もともと私たちの体は、がんなどの異常な細胞に対し、免疫機能が働き、それらを排除しようとします。腸には、その免疫細胞やグロブリンと呼ばれるタンパクが、最も多く存在しています」
「最近の研究では、腸の調子が悪くなると、免疫力が低下するメカニズムが次々に解明されています。つまり、腸内環境を整えて便秘を改善すれば、がんも治る可能性があるのです」

   大場さんは、そう言うのです。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中