2020年 4月 4日 (土)

最大リスクは「左派」 米大統領選で米国株が1万ドル下落する!?(志摩力男の相場展望 その2)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

米ダウ平均が落ちれば、円高ドル安が必至

   米大統領選挙は、いわゆる「スイング・ステート」と呼ばれる4~6州の結果で決まるということが広く知られています。ニューヨーク州やカリフォルニア州は、常に民主党候補が勝ちますし、テキサス州始め米国の中央の州は共和党が強い。では、スイング・ステートにおける有権者はトランプ大統領の4年間に満足しているかというと、そんなこともないようです。

   中国が大量に農産物を輸入することになりましたが、実行されるかどうかわかりません。製造業の雇用が本格的に戻っているわけでもありません。

   左派系候補、特にサンダース氏が大統領になるという可能性が現実味を帯びてきた場合、金融市場は大揺れに揺れるでしょう。米ダウ平均株価が1万ドル落ちるということも、あながち大袈裟ではないからです。

   金融市場は、左派系候補勝利の確率が30%でもあれば、その30%分を織り込みに行きます。仮にトランプ大統領勝利の際の米ダウ平均株価の適正値が3万ドル、左派系候補の場合2万ドルとすれば、左派系候補が勝利する確率が30%あると考えれば、米ダウは2万7千ドルぐらいで取引されるべきとマーケットは考えます。

   確率が半々となれば2万5000ドルに落ちます。これは、かなりのリスクです。そうなると、為替市場もリスクオフ的な動きとなるでしょう。円高リスクが高まります。

   仮にダウが2万5000ドルを割り込み、2万ドル方向を試すような局面があれば、当然ドル円も100円方向を試すことになり、豪ドル円は70円を割って、さらに下がることになります。

   現在、新型コロナウィルスの悪影響で、市場は揺れています。この影響を十分に見通すことは現状難しいですが、SARSよりも深刻化する可能性が高まっています。SARSの時は3~4か月で終息を宣言しましたが、今回の新型コロナウィルスは感染しても発病しない人がいるという特徴があり、これでは感染拡大を阻止することは難しい。ただ、発病しても軽く済む人も多く、あまり深刻に考えなくてもよいと世の中全体の認識が変わる可能性もありますが、時間はかかるでしょう。

   サプライチェーンが分断され、中国の内需が冷え込み、日本国内のインバウンド需要にも深刻な影響が出てくるとなると、短期的な景気後退は避けられないといえます。ただ、その分のリバウンドは、問題解決後は当然でてくるので、それはそれで楽しみではあります。(志摩力男)

志摩力男(しま・りきお)
トレーダー
慶応大学経済学部卒。ゴールドマン・サックス、ドイツ証券など大手金融機関でプロップトレーダー、その後香港でマクロヘッジファンドマネジャー。独立後も、世界各地の有力トレーダーと交流し、現役トレーダーとして活躍中。
最近はトレーディング以外にも、メルマガやセミナー、講演会などで個人投資家をサポートする活動を開始。週刊東洋経済やマネーポストなど、ビジネス・マネー関連メディアにも寄稿する。
公式サイトはこちら
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中