2020年 3月 30日 (月)

投資したい! でも時間も知識もない...... どうしたらいいの?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

自分はどれだけの価格変動に耐えられるのか!?

   今回、質問をいただいた方のように、投資はしたい、もしくはしなければならないと思っている方は増えているのではないでしょうか。でも、働き盛りで子供も小さいとなると、なかなか投資のことを考える時間はとれないですよね。

   したいけどできないという焦りが募っている状況、とてもよくわかります。

   投資は長い期間できる人のほうが有利だと言われています。できるだけ、若いうちにはじめておきたいと思うかもしれませんが、決して無理をする必要はありません。

   焦りだけが募ってしまい、今ある資金をどうすればよいのか専門家に相談して、まとまった資金で保険や投資信託を買ってしまったという話も、よく聞いたことがあります。

   相場が変動したときの心構えがないまま、いきなりまとまった資金で運用してしまうと、含み損が出てきたときにどうすればよいのかわからなくなってしまう恐れがあります。まずは、投資とはどのようなものかを理解することが大切です。

   少額で投資を始めて、価格変動はどれくらいあるのか、相場が下落したときにどれくらいの含み損が出るのかを、身をもって理解することが大切です。

   ここで自分自身がどれくらいの価格変動を許容できるかを知ることからはじめるといいと思います。

「オススメの投資」では、わからないことがある!
「オススメの投資」では、わからないことがある!
あっきん
あっきん(@_akkin_nara
投資家、ブロガー(元公務員)
23歳から、外国為替証拠金(FX)取引をはじめる。トレーダー歴は13年。2016年3月末、子育てと仕事を両立するために11年勤めた某県庁を早期退 職。その後、資産運用ブログ「akilog」をスタート。運用方法をすべてブログで公開する、「リアル」なトレードが評判を呼んでいる。
FX自動売買「トラリピ」(マネースクエア)と、仮想通貨がメイン。
奈良在住。金沢出身、36歳。
資産運用ブログ「akilog」https://akilog.jp/
kaisha_20190717144836.png
ひろこ(@hiroko_akilog
投資家、ブロガー、FP(元銀行員)
あっきん嫁。2児の母。銀行で投信の販売営業を14年続け、2018年3月末、早期退職。リーマンショックでの投資経験を活かした『長く投資を続ける秘 訣』をブログやSNSで発信中。女性の「そうそう!」「あるある!」を盛り込み、わかりやすく解説する。自分の感性を頼りに生きるタイプ。
投信、株価指数、FX、仮想通貨など幅広く運用中。テクニカル分析を楽しく勉強中。
奈良在住。奈良出身、アラフォー。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中