2020年 6月 3日 (水)

投資したい! でも時間も知識もない...... どうしたらいいの?

印刷

「つみたてNISA」だけでは物足りなりなくなるはず?

   「つみたてNSIA」は、購入してから価格を気にしながら売買するような商品ではありません。基本的には長期間機械的に積立を続けていくものです。なので、毎日相場をチェックして、資産がどうなっているのかを把握しなければならないという商品ではありません。

   しかし、株式相場が大きく変動した際には、資産が増えたり減ったりします。そんな時は資産がどれくらい減っているのか、増えているのかを見ることは忘れないでください。今後投資を積極的にしていきたいと思うなら、ここで相場の動きによってどれくらい資産の変動があるのかを知ることで、次はまとまった資金での投資に進んでいくことができると思います。

   さらに自分自身の資産が増えたり減ったりしているのを見ると、どうしてそうなっているのかを知りたくなると思います。経済のニュースや政治情勢についても興味がでてくるのではないでしょうか。

   金融の知識は、本で読んでも頭に入ってこないという人も多いと思います。でも、自分自身の資産に直結する場合は違います。今後経済がよくなっていくのか、悪くなっていくのかを自分なりに考えるようになれば、どのような投資商品を購入すればいいのかも判断できるようになると思います。

   「つみたてNISA」で投資になれてきたら、今ある資金を他の投資商品に振り分けるということができるようになります。ここではじめて、すべての資産のうち、当面使う予定がない資金の一部をまとまった投資商品にすることができるようになります。

   当面使う予定がない資金のうち30%程度で、投資商品を購入していくといいと思います。投資をする際には現金を必ず余裕資金として残しておいてください。株式相場が下落したときは、その資金で追加投資する必要が出てくる場合もあります。

   当面使わないからといって、すべてのお金を投資にまわしてしまうと、損失が出てきたときに追加するという選択肢もなく、損失が膨らんでいくのをただ見ているだけという状況になってしまいます。

   そうなってしまうと、だんだん不安になってきて、結局投資をやめてしまうということにも繋がりかねません。

あっきん
あっきん(@_akkin_nara
投資家、ブロガー(元公務員)
23歳から、外国為替証拠金(FX)取引をはじめる。トレーダー歴は13年。2016年3月末、子育てと仕事を両立するために11年勤めた某県庁を早期退 職。その後、資産運用ブログ「akilog」をスタート。運用方法をすべてブログで公開する、「リアル」なトレードが評判を呼んでいる。
FX自動売買「トラリピ」(マネースクエア)と、仮想通貨がメイン。
奈良在住。金沢出身、36歳。
資産運用ブログ「akilog」https://akilog.jp/
kaisha_20190717144836.png
ひろこ(@hiroko_akilog
投資家、ブロガー、FP(元銀行員)
あっきん嫁。2児の母。銀行で投信の販売営業を14年続け、2018年3月末、早期退職。リーマンショックでの投資経験を活かした『長く投資を続ける秘 訣』をブログやSNSで発信中。女性の「そうそう!」「あるある!」を盛り込み、わかりやすく解説する。自分の感性を頼りに生きるタイプ。
投信、株価指数、FX、仮想通貨など幅広く運用中。テクニカル分析を楽しく勉強中。
奈良在住。奈良出身、アラフォー。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中