2020年 6月 6日 (土)

【尾藤克之のオススメ】ストレスに負けない! 新型コロナ対策で大切なことは「自分を理解する」こと

印刷

   新型コロナは私たちの生活から平穏を奪っていきました。

   感染への恐怖、いつまで続くかわからない自粛。会社はいったいどうなるのか、給料はどうなるのか。家のローンや学費は?

   不安は尽きることがありません。こんなときだからこそ、読んでもらいたい本があります。

ストレスゼロの生き方 心が軽くなる100の習慣(Testosterone著)きずな出版
  • ストレスに負けない! 新型コロナウイルスに勝つ!!
    ストレスに負けない! 新型コロナウイルスに勝つ!!
  • ストレスに負けない! 新型コロナウイルスに勝つ!!

ストレスの要因を捨てる

   現代社会では、多くのビジネスパーソンが仕事や家庭でストレスを抱えています。しかし、デキる人は違います。接待や飲み会があれば、さっそうとこなし、夜のクラブ活動にも精を出します。

   徹夜明けにも関わらず、膨大な仕事をこなし疲れた顔を見せません。「アイツはいつ寝ているんだ」とウワサになりますが、上司や得意先の評価はすこぶる高く、出世の階段を上っていきます。 休日は、マラソンやトライアスロン、人脈づくりに勤しみ、何事においてもアクティブな人が周囲にいないでしょうか。「疲れて、やる気が起きない」「気力がわかない」「決断ができない」など、そうした疲労感や倦怠感は、みじんも感じさせないのが特徴です。

   本書の中で、Testosterone氏はすごくストレスが溜まりやすい人間だと説明しています。たとえば、寝るときにちょっとでも音があったり明るかったりすると、気になってイライラして寝ることができません。Testosterone氏は睡眠をメチャメチャ大切にしているので、そのイライラったら半端ではないようです。

   部屋選びの第一基準は静けさであり、寝室では音が出るようなものを徹底的に排除し、自分が気持ち良く寝られる環境を必死で守っている、といえばわかりやすいでしょう。ストレスは抑えるよりも排除するほうが圧倒的に楽で効果的であることが理解できます。

「ストレス要因を生活から排除する工夫をすればストレスは一気に軽減する。ほんの少しのイライラも見逃したらダメだ。些細なストレスも、それが毎日続くと多大なストレスになる。省けるストレス要因は徹底的に省け。たとえば、SNSがストレスになっている人も多いと思う。それがわかっているなら思い切ってアプリをアンインストールしてしまえばいい」
「家事でも、たとえば皿洗いが少しでも苦痛なら、食洗機を買うとか、食器をすべて紙コップ、紙皿、割り箸にして洗わなくてもいいようにしてしまえばいい。満員電車がとにかく苦痛なら、朝一番の空いている時間帯に通勤して、就業時間まで読書やユーチューブで時間をつぶしたらいい。まずは自分がなににイライラしたりストレスを感じたりするのかをはっきりさせよう」

   Testosterone氏は、そう言います。

   ストレスの原因となっているものを、自分の生活から徹底的に排除する工夫をし、ストレスの発生源を無くしてしまえばいいのです。

   あなたはストレスの発生源を理解していますよね?

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所研究員。
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中