2022年 11月 28日 (月)

不動産のカリスマには気をつけろ! 流行りの情報に惑わされないこと【尾藤克之のオススメ】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   コロナ禍の影響で物件が目減りしているという話を聞きますが、不動産関連の営業電話は減りません。

「○○でオイシイ物件があります!」
「流動性が高くて利回りの良い物件があります!」

   しかし、確実に儲かる物件など存在しません。相手の営業トークについては充分に注意し、自らが目利きにならなければいけません。

不動産投資の羅針盤 豊かな不動産ライフを手に入れる一番わかりやすい教科書
(TerraCoya大家の会著)ソシム
  • 「オイシイ」投資物件には気をつけろ!(写真はイメージ)
    「オイシイ」投資物件には気をつけろ!(写真はイメージ)
  • 「オイシイ」投資物件には気をつけろ!(写真はイメージ)

不動産投資の本を何冊読みましたか?

   「本を読んでも、結局何からはじめたらいいのか、何をしたらいいのかわからない」という人がいます。不動産投資に関する本やセミナーは数多く存在し、あるセミナーでは「区分マンションが一番」と言われ、ある書籍では「築古戸建じゃないと危険」と書かれています。これでは、勉強すればするほど何をしたらいいのか迷ってしまいます。

   また、巷の多くの本に書かれているのは摘要の話ばかりで、具体的なノウハウには触れられていないものがほとんどです。また、その人の所有している物件の話がまったく出てこなくて、イメージが湧かないこともあります。さらに、本に書かれていることは著者が執筆をした時点での成功体験であって、いまでは一般的ではないものが少なくありません。

   たとえば、「東京オリンピックブームに乗り、湾岸地域の高層マンションは絶対に買い」「住みたい街ランキングにインした武蔵小杉のタワマンは買い」。今、このようなことを言う専門家はいないはずです。流行りの情報は排除しなければいけません。

   本書の特長は、教科書やトリセツのように、ノウハウが提示されていることです。役立つ基礎知識を習得できて、「即効性」「再現性」のあるノウハウを身につけることができます。流行りの手法などは排除し、いつの時代でも役に立つ知識を提供している点も評価できます。どんな物件を買うべきなのか、その目標設定の方法についても解説しています。

   不動産投資はとても夢のある投資です。なかには知識不足で苦労してしまう人もいますが、正しい知識を習得して、失敗しないノウハウを身につけることが大切なのです。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中